つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

手料理&おうちご飯

マルハニチロのサバ缶は青森生まれ♪失神するほど旨いブッコミ飯?!

日曜の朝に放映される「がっちりマンデー!!」、この番組で青森が特集されたのを、ご覧になりましたか?3月4日の放送分、ATV青森テレビ。サバ缶の生産・日本一は、青森県と紹介されました。わ~い!! 年間生産量の47・8パーセントを青森が占めている!理由は…

津軽のお惣菜、ニンジンの子和えはおいしくてカロチンたっぷり

真冬日が続いています。雪も積もって、弘前は57センチほど。今朝は除雪車が道路ばたに寄せた雪が多くて、片づけに追われました。公園で雪に座り込んで遊ぶ女の子。寒さもへっちゃらです。私も子どもの頃は雪の冷たさなんて平気でした。懐かしい気持ちにさせ…

けの汁は青森のソウルフード、レシピとコツを公開!根菜や山菜と油揚げなどを細かく刻んで

青森の郷土食「けの汁」を作りました。野菜が高騰して大根が1本250円~300円ですが、小正月なのでやっぱりけの汁です!そろえる材料は大根、にんじん、ごぼう、ワラビやふき、そして干しシイタケに油あげ、高野豆腐などなど。山菜と根菜のハーモニーには、お…

【青森のタケノコ】おいしい料理5選・皮むきの下処理は?

写真は旬を迎えた青森のタケノコです。青森や秋田で自生するのは、ネマガリダケ。孟宗ダケとは違い、笹竹の新芽でくせのない、さわやかな食味が自慢です。歯ごたえも良く、太宰治も大好物だったとか。クマも好物ですから、山菜採りへお出かけの方は注意をし…

トゲクリガニと筋子納豆・太宰治の好物を食らう

トゲクリガニとは? トゲクリガニのおいしい季節です!青森ではお花見の時期から近海物が出回ります。トゲクリガニは陸奥湾で獲れる毛ガニの仲間で、ちょっと小ぶり。甲羅の大きさは6~8cmほどです。青森市から津軽半島への途中に蟹田町がありますが、かつ…

山菜のアザミが認知症の予防に効果あり!お味噌汁を作りました

青森はようやく春の山菜シーズン。山ウド、ぜんまい、ワラビ、タケノコ、タラノメやふきと次々と芽出しする季節。そんな山菜に、なんと認知症に効果があるものが!それがアザミです。山に入ると、そこらじゅうに生えているそうですが、わが家では見分けがイ…

かすべのともあえのレシピ♪青森の郷土料理

かすべのともあえをご存知ですか? 津軽の人が愛してやまない『かすべ』 その柔かな白身の味わいと軟骨のコリコリとした歯ざわり。 コンドロイチンもきっとたっぷりではないでしょうか。その正体は、エイ。海の中をまるでマントをひるがえすように優雅に泳ぐ…

雪んこ人参のサラダ・おうちご飯

雪んこ人参とは? 青森県深浦町小金崎農場のニンジンは、ほかの畑で成長したニンジンとはちょっと違います。 白神山地のふもとの大地で、夏の太陽の恵みを受けて育ち、そのまま春先まで畑に埋めて熟成させている。 甘みがのってくるのを土の中でじーっと待つ…

鮭とキャベツの漬け物・サラダ感覚なのでおせち料理の箸休めに

年の暮れも押し迫ってきました。そろそろお正月の準備をしなきゃ、ね。きょうは、おせち料理の箸休めにぴったりな鮭とキャベツの漬け物を紹介します。 鮭とキャベツの漬け物とは? 北海道や東北で好まれる漬け物です。私は夫の母から教わりました。姑直伝の…

イカの塩辛を手作りする・2016年初冬はイカが驚くほど高値

青森の近海で獲れるスルメイカは身近な食材です。ゲソを細かく刻んで玉ねぎやキャベツと混ぜて、油でからりと揚げる『いがめんち』は津軽のソウルフード。そして、新鮮なイカで作る塩辛もおいしいです!お酒がすすむ居酒屋メニューです。でも、今冬はイカが…

マツタケのいただきものに虫がいる!ピンセットでつまめばOK

今年はサモダシが不作とのことですが、マツタケが豊作だそうです!! わが家にうれしいいただき物が届きました。 高級きのこのマツタケ~♪ 買うことはなかなかできないので、じっくり眺めて。「険しい斜面の松林におがっている。 香りがしても姿は見えず。地…

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー