つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

田んぼアート2016☆真田丸の武将は第一会場の新しい展望デッキから

IMG_4771


田舎館村の田んぼアート、稲が伸びて、くっきりと見えるようになっています。
第1会場の村役場では新しい展望デッキが4階にできましたよ。

前よりもゆったり見学できます。
弘前駅から車で30分ほどで、田舎館村に到着。

弘南電車を利用する場合は、第2会場の田んぼアート駅で降りて、無料シャトルワゴン『たさあべ号』が便利。
第1会場と第2会場を、往復しています。

たさあべ号』
田さ、あべ!→津軽弁です。田んぼに行こうの意味☆


IMG_4592

八甲田の山並みもばっちり、きれい。
1階で大人ひとり300円のチケットを購入して、エレベーターへ。

【観覧期間について】 平成28年度観覧期間は以下のとおり予定しています。
※田植え等の状況により変更になる可能性があります。
会場 期間 第1田んぼアート (田舎館村展望台) 5月30日(月)~10月10日(月) 10月2日(日) 稲刈り体験ツアーのため
第2田んぼアート (弥生の里展望所) 6月18(土)~10月10日(月) >9:00~17:00 (最終入館16:30) 第2田んぼアートは2016年7月に公開予定の「シン・ゴジラ」がテーマ。
参考元・田舎館村役場

  IMG_4773
草刈正雄さんの雰囲気がよく出ています。
真田昌幸がモチーフ。

風が吹いて、稲がなびいていました。
あぜ道では草を刈る作業が行われて、のどかに広がる晴天。


IMG_4593
第一田んぼアートは、NHK大河ドラマ真田丸』をテーマに☆
「この人、堺雅人だべ? 菅野美穂のだんなの?」
「んでね。堀北真希のだんなの山本耕史だ。石田三成を演じている」
そんな会話が聞こえてきましたよ。


スポンサーリンク

 



大河ドラマ真田丸』は、堺雅人さんが演じる真田幸村(信繁)が主人公。
ですが、田んぼアート津軽家ゆかりの石田三成を。

石田三成の三女、辰姫が、二代藩主・信牧(のぶひら)公の正室でした。

でも、徳川家から満天姫(まてひめ)が正室になったため、辰姫は側室に。
北関東の飛び地に移り住みましたが、信牧公とは、相思相愛だったので、後継ぎの3代藩主 信義公のご生母となったのです。

津軽家は長く、石田三成の血脈を伝えていたという、エピソードがあります。


IMG_4596

新しい展望デッキは、田舎館村のお城をよく眺めることができます。
役場庁舎が、お城の外観で珍しい。

役場の近くには『刀の庵』があって、田んぼアートの時期に見学することができます。
IMG_4600

この役場庁舎である城の外観と、田んぼアートがマッチしています。


IMG_4598

田んぼアート会場のとなりは、足湯など一服できるスペースがあります。

私がでかけた27日は、エレベーターも待ち時間がなく乗ることができました。
夏休みになると、混雑するかも。

 

blog.tugarujikukan.info

 

 

blog.tugarujikukan.info
のびやかに広がる津軽平野に、田んぼアート、絶景ビューです♪
2018年8月11日更新しました。


スポンサーリンク