つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

【奥入瀬渓流】苔が織りなす自然美!歩いて散策しよう

IMG_5413

奥入瀬渓流のすばらしさは風景が変わらないこと。私が小さな子どもだった頃から、同じように渓流に水がほとばしり、木々が四季の移ろいを映している。

街並みの変化に目を瞠る日々の暮らしだから、変わらない自然のなかにたたずむと、ほっと気持ちがなごみますね。

10月10日に出かけたとき、まだ紅葉はしていません。でも、苔が織りなす自然美に圧倒されました。

 

石ケ戸休憩所

IMG_5394

石ケ戸休憩所
トイレは新しく、車を路肩に寄せて駐車できます。

厚さ1mの巨石が桂の巨木に支えられるようにしてあります。鬼神のお松という美女の盗賊が、この岩を住処として旅人の金品を奪ったという伝説が有名。

IMG_6699

いたるところが苔だらけ♪ 

苔好きな女子にはたまりません。

コバノスナゴケだと思います。岩場に群生して、よく見ると花火みたい。

スポンサーリンク

 

渓流に癒される


苔玉の工房が渓流館にあるんですって!

大人ひとり2000円・事前予約必要 0176-74-1233
奥入瀬渓流館内の奥入瀬モスボール工房。

IMG_6705

木の根っこも苔だらけ! 

上のほうではシダが葉を広げて青い空を見上げています。


IMG_6711

秋なので、キノコも生えていました。

マッシュルームみたい? 

食用ではないため、とったのは写真だけ。

それにしても、ブナ林と渓流はそこにたたずむだけで、心身が癒されます!


IMG_6723

石ケ戸から子ノ口まで9キロの道のりを歩いたことがありました。下の子が小学6年生のときの親子レクで。

今どきの子どもたちってあまり歩いていない生活だから、ヒーヒー言っていましたね。

雨が降れば車で送ってもらえるし、遠足はバスだし。

「疲れた」という子どもたちを励ましながら歩いたことは、今となっては良い思い出です。
IMG_6709

ブナの木が両手を広げるように立っていました。

もうじき、葉は黄色くなるのでしょう。

葉が落ちる頃、雪に覆われる……。

銚子大滝

IMG_6729

銚子大滝を望める木の橋。両脇が苔むす感じで。

星野リゾート奥入瀬渓流ホテルでは夏の間、抹茶を使った「苔玉アイス」を食べることができたそうです。

抹茶の緑が、苔玉そっくりだったとか。アイデアですね♪ 来年の夏にぜひ食べてみたい☆

今回は予約していなくて行くことができなかったモスボール工房も。
IMG_5419

恋人の聖地に勝手に認定

若いとき、この滝の前で写真を撮りました。
「ねえ、覚えてる? ここでふたりでツーショットを撮ったことを」
「記憶にございません」と、夫。

「デートしたじゃん、奥入瀬渓流で」
「そんな昔のことはもう覚えていない」

喧嘩になったけれど、深い木立に水しぶきの銚子大滝は、きっと恋人の聖地。

IMG_5429

瀑布はあのときのまま。ただ、私たちが年取っただけ……。

自然に圧倒されて、深く深呼吸をします。空気がおいしい。苔と渓流と滝の数々、奥入瀬渓流の水は澄んでいました。

2018年8月5日更新しました。

スポンサーリンク