つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

弘前城雪燈籠まつり、寒波のおかげでコンクリートさながら固く美しい雪像に仕上がっていたよ

弘前城雪燈籠は雪国の祭典

弘前城雪燈籠まつり2019

 2月8日から11日まで弘前城雪燈籠まつりが開催されました。

夜は雪燈籠に火が灯り、幻想的な美しさになります。また大型雪像にはプロジェクションマッピングが映し出されて楽しいイベントもたくさん。

2019年の弘前城雪燈籠まつりは、例年になく冷え込んで昼の気温が氷点下5℃。夜はさらに冷え込んで津軽弁で「しばれる」日が続きました。

雪燈籠も雪像も形が少しも崩れることなく、にぎやかなうちに閉幕しましたので、その模様をお伝えします。

スポンサーリンク  

市民の手作り雪燈籠

ふらいんぐういっちの雪燈籠

雪燈籠は市民の手作り

1977年からつづく弘前城雪燈籠まつり。

私が出かけた2019年2月11日は晴れ間がのぞいて穏やかですが、気温は氷点下です。

雪燈籠まつりは200基のおよぶ雪燈籠と雪像が、弘前公園のなかに市民の手で制作されます。 大型雪像は、自衛隊の協力で作られます。

40年以上の歴史のなかには、雪不足のため山から雪を運んだり、暖冬の雨で雪像がくずれそうになったりしたこともありましたが、今年は雪が多く寒さも厳しくて、雪まつりにぴったり!

写真のふらいんぐうぃっちの雪燈籠は、アニメ化された石塚千尋さんの漫画。

弘前が舞台で、かわいい魔女が活躍するストーリー。

本丸に設置されたこちらの雪燈籠は、ファンの会が制作しました。

雪燈籠の錦絵はねぷた絵のこと

錦絵をはめこんだ雪燈籠

弘前城の雪燈籠はほとんどがねぷた絵を思わせる錦絵をはめこんでいます。

夜になると、ゆらりゆらゆらと灯が揺れて、きれい。 

blog.tugarujikukan.info

弘前城雪燈籠まつりの錦絵は子ども達の作品も展示

子どもたちが描いた錦絵

毎年、市内の子ども達が描いた錦絵も飾られています。

上手ですね。丁寧に描かれいました。 

弘前公園の東門

弘前公園の東門/雪燈籠

弘前公園の東門には大きな雪燈籠


弘前公園には5つの櫓門(やぐらもん)があり、すべて江戸時代の史跡です。

東門の近くには弘前文化センターがあって、駐車場を利用できるので、この日は東門から入場。

ピクニック広場につながり、春には美しい桜が咲きます。

あと2ヵ月もすれば、桜の季節ですが、津軽は今のところ厳冬のさなかです。

blog.tugarujikukan.info

 

 大型雪像

大型雪像はチコちゃんも

弘前城雪燈籠、チコちゃん雪像

護国神社弘前公園内にありまして、近くの四の丸には大型雪像が勢ぞろい。

チコちゃんはNHKのキャラクターで、子どもたちに大人気ですね。

メイン会場なので出店も多い。

そして大型滑り台があるので、子どもたちの明るい声が響いていました。

弘前雪燈籠まつりの大雪像

弘前城雪燈籠まつりの大雪像

2019年の雪燈籠まつりでもっとも大型なのは、旧弘前市役所の雪像

夜にはプロジェクションマッピングが投影されますし、9日の土曜日には花火も打ち上げられたのです。 

blog.tugarujikukan.info

毎年、大型雪像はテーマが変わります。

明治や大正期に建てられた洋館が多い弘前なので、それらにちなむことがほとんどです。 

雪燈籠の制作は中学生も参加

児童生徒の雪燈籠

 児童や生徒も雪燈籠やミニかまくらの制作に参加して、市民手作りの雪まつりとして親しまれてきました。

台湾や東南アジアの南国から、雪の感触を楽しむために訪れる観光客も多く、2019年の雪燈籠まつりの人出は26万人だったそうです。

さあ、次は弘前さくらまつり

blog.tugarujikukan.info

2019年の弘前さくらまつりは4月23日火曜日~5月6日月曜日の期間に開催。

雪どけは3月からでしょうか。

まとめ

弘前城雪燈籠まつり2019をお伝えしました。

積雪は80センチ、気温が低かったのでコンクリートさながらに雪燈籠が固まって、キレイでした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク