つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

西目屋村で10万円給付が始まった話題と静かすぎる弘前市内

西目屋村・弘前市・アマビエ

コロナ封じのアマビエのぼり旗

写真は 弘前市土手町通りに立てられた「コロナ封じのアマビエのぼり旗」です。

コロナのせいで、さくらまつりが中止となり、弘前公園は封鎖。

緊急事態宣言が全国に拡大したため、帰省や旅行もできないので、弘前駅や繁華街はひっそりとしています。

そんななか西目屋村に特別定額給付金10万円が支給され始めました。

津軽地方の話題をお伝えします。

スポンサーリンク  

西目屋村に10万円給付はじまる

西目屋村・10万円給付

目屋人形はかつての炭焼きを今に伝える

世界遺産白神山地の入り口にあたる西目屋村は、弘前市から30分ほどの山あいの村です。

人口が1,335人、世帯数554。

青森県内で一番、小さな村として知られていますね。

4月30日午後7時から西目屋村の職員が、75歳以上のひとり暮らし7名のお宅を訪ねて、 現金10万円を渡したことがニュースとして報道されました。

blog.tugarujikukan.info

観光地として売り出し中だった西目屋村も、いまは旅行自粛のあおりを受けて、打撃のことでしょう。

全国に先駆けて、10万円を給付できたニュースは、唯一の明るい話題だと感じました。

ひっそりとした弘前市

西目屋村・10万円給付・アマビエ

コロナ封じのアマビエ幟

ねぷた祭りも中止が決まっています。

目抜き通りの土手町には、コロナ封じのアマビエのぼり旗が立てられていました。

ねぷた絵師たちが、描いたそうです。

飲食店が並ぶ鍛治町も、休業する店がほとんど。

JR弘前駅の構内は、ふだんよりもガラガラでした。

景気が心配になります。

でも、私が心配したところで、どうにもなりません。

世界中の経済が止まっているので。

blog.tugarujikukan.info

 青森県はかつて、冷害がひんぱんだったため、食べられない人がたくさんいました。

貧困を克服すべくがんばってきた先人達に、「どせば、いいべ?」とお伺いを立てたくなります。

不動明王ののぼり旗

不要不急の外出をしていませんが、土手町を通ったら、のぼり旗が風にひるがり、少し勇気づけられました。

飲食店を応援するための #弘前エール飯 が色々あります。

https://hirosaki.keizai.biz/column/24/

テイクアウトでおうちで頂くのも、コロナの封じ込めになりますね。

まとめ

弘前市土手町通りののぼり旗の写真とともに、西目屋村の10万円給付と静かすぎる弘前市のことをお伝えしました。

コロナの終息を願うばかりです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

スポンサーリンク  

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー