つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

岩木山・山麓に広がる菜の花畑

黄色い花絨毯を敷きつめたような菜の花畑が、鰺ヶ沢町の山田野地区にあります。

IMG_2778

この日は、澄んだ空気に晴れ渡った空が青くて絶好のロケーションでした。
br />地元の農家さんが植えて、ご厚意で見学させてくれます。 
そのせいか、ちょっと道がわかり難い。
県道を行ったり来たりして、ようやくたどり着けました。

    宮澤賢治が訪れた地


山田野地区 は戦後に開拓されたのですが、
それ以前は軍の演習場でした。
岩手県出身で『銀河鉄道の夜』などの作品で有名な宮澤賢治が、
弟の清六さんを訪ねて、 山田野地区に近い鳴沢駅に降り立ったのは、
大正14年(1925)。

清六さんは兵役に就いて、
山田野の演習場にて、厳しい訓練のさなかでした。

宮澤賢治は生前ほとんど無名のまま、
トランクいっぱいに書き溜めた原稿を清六さんに託して、
昭和8年9月21日に37歳で没しているのですが、
とても仲の良い兄弟だったようです。

賢治より9歳下の青六さんには『兄のトランク』と言う著書があり、
山田野の様子をこんなふうに。

《岩手から入営した歩兵は
弘前の三十一聯隊に入ることになっていて、
毎年何回かこの山田野という
荒寥とした野原で烈しい訓練を受けるのが例であった。
 
スポンサーリンク

 



そこには地獄谷とか特命の森とか
特殊な軍の用語でなづけられた変化のある地形もあって、
この野原で兵隊は毎日疎開し、分散し、早駈けで前進し、
匍匐(ほふく)して突撃したりして、体力の限りを尽くして一日が終わるのであった》

なかなか厳しい訓練だったようです。
早駈けにほふく前進、体力の限り……読んだだけでへとへとです。

賢治がわざわざ列車を乗り継いで山田野まで来たのは、
手紙の返事がこないので
弟が病気で参っているのではないかと案じてのことでした。

ふたりは無事に会えて、
酒保で売っていたピーナッツやパンを食べ、葡萄酒を飲んで話に花を咲かせました。

兄弟が再会できて、私もほっとしました(*^_^*)

その当時の兵舎が一棟だけ残っています。

兵舎

かつての9兵舎。
ぼろぼろですが、それもそのはず100年以上も経過しているからです。

     戦後は開拓地に

戦後、樺太満州に渡った方々が
日本に帰還するようになると、
山田野は開墾地として解放されました。

この兵舎は戦後、入植者のための寮になり、さらに学校にも。
農機具は鍬や鋤の時代。
とても厳しい暮らしだったそうです。
いまも兵舎は個人の倉庫として、農機具を収納。
現役です。

菜の花畑は陽を燦々と浴びて、
風にかすかに揺れるばかり。
ここが演習場だったことも、
戦後の一時期にアメリカ軍に撤収されそうになり、
地元で反対運動が起こったことも語りません。

どこまでも平和でのどかな風景が広がっていました。



スポンサーリンク