つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

津軽弁

弘前公園のヒガンバナと10月1日から有料区域料金変更のお知らせ

弘前城天守 弘前城菊と紅葉まつりが10月18日から始まります。 きょうは紅葉に先駆けて、弘前城植物園のヒガンバナが見ごろを迎えているので、お知らせします。 それと10月1日から、有料区域の料金が値上がりすることをお伝えします。 スポンサーリンク // 雪…

瑞楽園は秋のお出かけにぴったり!見学無料で日本庭園を堪能できる

国指定の名勝・瑞楽園 庭園が全国的にブームですね。 弘前市には大石武学流庭園が何ヶ所もあります。 そのなかでも瑞楽園は、まったり眺めることができて、見学はなんと無料。 四季に彩られ、秋はとくに紅葉が赤く色づき、風情があります。 瑞楽園についてお…

工藤パン『人間失格』カステラサンドはイギリストースト風♪842㎉で「めっ」!

太宰治生誕110年の記念に人間失格のカステラサンドが販売中 工藤パンといえば、青森県民が愛してやまないイギリストーストを作るメーカーです。 山型の食パンにシュガーたっぷりのマーガリンがサンドしている。 甘さとしっとりとした食パンのおいしさがマッ…

【津軽こけし館】第10回楽しいひなこけし展で、めんこいこけしが大集合♪

津軽こけしのお雛様・作は山谷レイ工人 めんこいお雛様が大集合です。 すべて手作りのひなこけしを、黒石市の津軽こけし館で見学しました。 黒石市の市街地から十和田湖方面へ向かう途中に黒石温泉郷があり、そこに津軽こけし館はあります。 地元はもちろん…

平成最後の津軽弁の日、方言は永遠に

津軽富士ともよばれる霊峰・岩木山 明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 2019年の元旦は穏やかで、年末からの大雪もひと休みのようです。 さて、RAB放送『第31回津軽弁の日2018』を、ご覧になりましたか? よりすぐりの傑作選が…

トゲクリガニと筋子納豆・太宰治の好物を食らう

トゲクリガニとは? トゲクリガニのおいしい季節です!青森ではお花見の時期から近海物が出回ります。トゲクリガニは陸奥湾で獲れる毛ガニの仲間で、ちょっと小ぶり。甲羅の大きさは6~8cmほどです。青森市から津軽半島への途中に蟹田町がありますが、かつ…

津軽弁「へちょべ」とは?消えつつある方言

時代とともに、津軽弁は消えつつあります。わが家でも夫と子ども達の 発音は明らかに違います。生まれたときから1日中テレビの音声を聞いている若い世代は、なまりが少ないですね。私は自分では「なまっていない」と思っていますが、家族に言わせると「お前…

おもしろ昔話「うんこ大師」@青森の昔話

川合勇太郎さんが昭和47年に津軽書房から発行した「青森の昔話」を読んでいます。青森県内の昔話を何百も収録した574ページもある本。著書の川合勇太郎さんが最初に「津軽むがしこ集」を採集したのは昭和5年! 県の昔話集として東奥日報社から本にして、それ…

津軽弁の「がっこ」 なぜ秋田と同じ発音なのに意味が違うの?

津軽弁は、日本の方言のなかでもわかりにくいという声をよく聞きます。発音、音節、意味合い独自というか、個性が強いというか。都会へ働きに行くと、言葉の訛りが恥ずかしいから、同郷の人以外とはめったに口をきかないんだ。年配の方が、そんな話をしてく…

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー