つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

津軽弁

トゲクリガニと筋子納豆・太宰治の好物を食らう

トゲクリガニとは? トゲクリガニのおいしい季節です!青森ではお花見の時期から近海物が出回ります。トゲクリガニは陸奥湾で獲れる毛ガニの仲間で、ちょっと小ぶり。甲羅の大きさは6~8cmほどです。青森市から津軽半島への途中に蟹田町がありますが、かつ…

津軽弁「へちょべ」とは?消えつつある方言

時代とともに、津軽弁は消えつつあります。わが家でも夫と子ども達の 発音は明らかに違います。生まれたときから1日中テレビの音声を聞いている若い世代は、なまりが少ないですね。私は自分では「なまっていない」と思っていますが、家族に言わせると「お前…

おもしろ昔話「うんこ大師」@青森の昔話

川合勇太郎さんが昭和47年に津軽書房から発行した「青森の昔話」を読んでいます。青森県内の昔話を何百も収録した574ページもある本。著書の川合勇太郎さんが最初に「津軽むがしこ集」を採集したのは昭和5年! 県の昔話集として東奥日報社から本にして、それ…

津軽弁の「がっこ」 なぜ秋田と同じ発音なのに意味が違うの?

津軽弁は、日本の方言のなかでもわかりにくいという声をよく聞きます。発音、音節、意味合い独自というか、個性が強いというか。都会へ働きに行くと、言葉の訛りが恥ずかしいから、同郷の人以外とはめったに口をきかないんだ。年配の方が、そんな話をしてく…