つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

津軽の食べ物・ソウルフード

農のふれカフェ『ここからファーム』清水森ナンバこんにゃくのベジキッチン

辛いものが大好きな方、集まれ♪ 清水森ナンバを使ったヘルシークッキング。畑から収穫した野菜や山のめぐみを利用して、自宅でおもてなしをする『ここからファーム』でベジ料理教室を体験しました。 // 江戸時代に京都から津軽にもたされた清水森ナンバ。唐…

【農のふれカフェ】津軽ゆめりんごファームで収穫と紅玉ジャム作りを体験

津軽ゆめりんごファームは弘前市小沢にある観光リンゴ園です。 収穫体験はもちろんのこと、旬のくだもので作ったジャムをその場で食べることができます。 生産者と参加者とのふれあいができる「農のふれカフェお披露目会」に参加して、紅玉のリンゴジャム作…

【さもだしの塩辛】きのこ料理レシピ公開!下処理から解説します

秋はきのこが旬です。 さもだしを親戚から頂いたので、青森の郷土料理「さもだしの塩辛」を作りました。 さもだしは「ならたけ」のこと。青森ではおいしい天然きのことして、ファンが多い。 「ずるめぎが、めぇんだ!」 このネイティブな津軽弁を共通語にす…

農のふれカフェお披露目会『ジンレリア農園&工房』山小舎であすなろ鶏卵を味わう

農家の家屋や農園で手作り体験をしながら、地元の食材をたっぷりと使った料理やスイーツ、郷土料理を食べることができたら、どんなに思い出に残るでしょう。 新しい気づきや、発見があるかもしれません。 農のふれカフェは、旅行者や観光に来た方が、農業者…

おいしい毛豆のレシピ♪オリーブオイルの蒸し焼きと昆布入りひたし豆

青森には味が濃くて、おいしい枝豆があります。 それは、毛豆(けまめ)。 名前通りに毛深い豆です。さやに毛がもしゃもしゃ生えている。 品種改良により8月末から出回る早稲もありますが、稲刈りの前後に収穫する晩生(おくて)が主流。 おいしい毛豆のオリ…

【弘前市りんご公園】りんご収穫祭!棟方志功のポスター展も開催中

真っ赤な「つがる」のりんごが、枝もたわわに実っています。 弘前市りんご公園では9月22日からリンゴ収穫祭が始まります。 先日、一足早く出かけてきました。 そうしたら海外からの観光客がたくさんお見えになって、りんごのもぎとり体験をしている♪ 棟方志…

弘前カルチュアロード、ワークショップや食べ歩きが楽しい歩行者天国

弘前市土手町通りが年に一度、歩行者天国になります。 その名も「カルチュアロード」 9月第3日曜日に開催され、ワークショップや地場産品、ハンドメイドのお店に、巨大アップルパイも! 小さなお子さんを連れたファミリーや、カップルが思い思いに休日を楽し…

【弘前の田沢食堂】中華そば400円!昔ながらの支那そば風でめッ

ご当地グルメです。 大衆食堂として弘前では知らない人がいないほどの人気店「田沢食堂」でやっと食べることができました。 というのは前に混雑しすぎて、あきらめたことがあるのです。 タイトルの「めッ」は津軽弁でおいしいときに発する言葉。 それでは弘…

【嶽きみを肉じゃがにトッピング】大人も子供も大好きメニュー♪

岩木山麓で栽培された嶽きみは、しゃりしゃりとした歯ざわりと、さわやかな甘みが特徴です。 2018年は春の種まきの時期に大雨に見舞われたり、天候が暑すぎたりして、収量がいつもより少なめとのこと。 そのため去年よりも少し、お値段が高めのようです。 で…

地産食彩kawabata bar1.23『ウニのクリームパスタ』が絶品!

弘前中央駅からほど近い『地産食彩kawabata bar1.23』に、友人たちと出かけました。 地元の野菜や三陸産のウニを使った料理を提供して人気のバー。 そこで食べた料理がおしゃれで、味もおいしかったので紹介します。 隠れ家風 トマトサラダ ウニのクリームパ…

やみつき【ミョウガの粕漬】お茶うけや酒の肴に美味しい

ミョウガ(茗荷)が旬となり、親戚や知人から採れたてを頂くことがありませんか。 一度に食べきれないときは、粕漬けにすると日持ちします。 私がミョウガの粕漬けを知ったのは3年ほど前で、旧岩木町の方から手作りを頂いたとき。 甘めの粕床がミョウガの風…

わ食処ふじや【嶽きみの天ぷら】絶品!送別会でしんみりしながら味わう

久しぶりに夜の街へ出かけました。 弘前市の繁華街、土手町から近いかくみ小路。 みちのく銀行の裏手にある『わ食処 ふじや』で、友人の送別会がありました。 お造りや焼き魚がおいしくて、嶽きみの天ぷらも絶品。 料理とともに、会場の様子をお伝えします。…

久慈良餅は素朴な味でクルミがアクセント、青森のおみやげ人気

ひさしぶりに浅虫名産・永井謹製『久慈良餅(くじらもち)』を食べました。 浅虫は青森市の北にある海の町。県営水族館や温泉街があります。 久慈良餅と書いて、くじらもちと読みます。もち米とうるち米を蒸かして製造し、鯨のお肉は入っていません。 もっち…

法界折とは?手作りのコツを紹介、津軽のお盆に欠かせません!

青森県津軽地方では、お盆のお墓参りに法界折を供えることが多いです。きゅうりやナスを割り箸や竹串でつくる精霊馬とともに、法界折もお供えするのです。 法界折は今は亡きご先祖様の供養のため供える折詰のような感じで、精進料理を彩りよく詰めます。 91…

タケノコのみそ汁をおいしく作るには?青森のネマガリタケ

青森を代表する山菜の王様といえば、ネマガリタケではないでしょうか。関東や関西で採れる孟宗竹とは違い、細いのですが、味はとっても美味。5月の終わりころから、お店で見かけるようになりましたね。ネマガリタケは笹藪をかき分けて、急な山肌を登りながら…

いしたの梅まつりが4月15日に開催♪旧岩木町の老舗梅干し屋

写真の赤い花は2017年4月16日に、弘前公園内の植物園にて撮影の1枚です。入学式シーズンの6日、弘前は雪がうっすら積もりました。寒くて最高気温は3度くらいの予想です。福寿草や椿の花が咲いていますが、梅の花びらがほころぶのは来週でしょうか。そんなと…

マルハニチロのサバ缶は青森生まれ♪失神するほど旨いブッコミ飯?!

日曜の朝に放映される「がっちりマンデー!!」、この番組で青森が特集されたのを、ご覧になりましたか?3月4日の放送分、ATV青森テレビ。サバ缶の生産・日本一は、青森県と紹介されました。わ~い!! 年間生産量の47・8パーセントを青森が占めている!理由は…

黒石市のシャロン甘洋堂のケーキと『雨雀の里』でおうちカフェ

シャロン甘洋堂は、黒石市の洋菓子店です。うれしい頂き物で、久しぶりにケーキを堪能しました。おうちカフェでまったりティータイム。めんこい犬のケーキは、今年2018年が戌年だから。まん丸い目元が表情豊かで、可愛すぎて食べてしまうのがもったいないほ…

津軽のお惣菜、ニンジンの子和えはおいしくてカロチンたっぷり

真冬日が続いています。雪も積もって、弘前は57センチほど。今朝は除雪車が道路ばたに寄せた雪が多くて、片づけに追われました。公園で雪に座り込んで遊ぶ女の子。寒さもへっちゃらです。私も子どもの頃は雪の冷たさなんて平気でした。懐かしい気持ちにさせ…

けの汁は青森のソウルフード、レシピとコツを公開!根菜や山菜と油揚げなどを細かく刻んで

青森の郷土食「けの汁」を作りました。野菜が高騰して大根が1本250円~300円ですが、小正月なのでやっぱりけの汁です!そろえる材料は大根、にんじん、ごぼう、ワラビやふき、そして干しシイタケに油あげ、高野豆腐などなど。山菜と根菜のハーモニーには、お…

イクラの入ったメス鮭から鮭とばを作ってみました♪

11月末に親戚が生鮭を贈ってくれました。イクラが入った鮭。不漁のため価格が高騰しているのですが、叔母が「今年も食べて」と。 出刃包丁を使い、さばきました。最初にうろこを取ると、すべりにくくなります。 取り出したイクラをほぐして味付けすると、宝…

【嶽きみ2017】今年も粒ぞろいで甘い!おいしい茹で方を紹介♪

嶽きみは、岩木山麓の高原で栽培されるブランドとうもろこしです。標高400~500メートルの嶽地区で燦々と太陽を浴びたとうもろこしは、朝と昼の気温差が大きいことから糖度が高いんです♪青森はけっこう朝方の気温が低くなり、市内でも気温14度くらいですから…

嶽きみソフトを直売所『野市里』で買ったよ、岩木山は秋の気配

嶽きみの秋がやってきました。岩木山はオオヤマザクラの木が少し紅葉しています。おいしい嶽きみを求めて岩木山の嶽地区へ向かう途中で、ちょっと休憩して嶽きみソフト♪直売所『野市里(のいちご)』は岩木山神社へ向かう道路沿い。山菜やリンゴなどのくだも…

田舎館村特産【いちごソフト】田んぼアートのお土産情報も!

田舎館村の田んぼアート第1会場には屋台村と足湯があります。展望デッキで大迫力の「ヤマタノオロチとスサノミコト」を見学したら、ひと休みしたくなりました。エレベーターで1階へ降り、建物の外へ出ると屋台村があります。その道沿いに、田んぼアートがど…

【かみどて朝市】弘前産のサクランボやトマト、十面沢のニンニクも

日曜の朝、6時から開催の『かみどて朝市』へ、2017年になって初めて行きました。7月9日のようすです。JR弘前駅から土手町へつづく遊歩道『えきどてプロムナード』で開催。10月29日までの毎週日曜日に開かれる朝市です。かみどて朝市お買物券をまずはゲット…

【青森のパン本・グラフ青森】89ものパン屋さんが大集合

グラフ青森社から発刊されている「青森のパン本」は、おいしいパン屋さんが満載。県内の書店で取り扱いがあり、好評です。本体649円+税青森、弘前、八戸、むつ市などなど、あなたの町のパンもきっとある! 焼き立てベーカリーには、そのお店のこだわりと真心…

【スチューベンソフト】道の駅つるた『鶴の里あるじゃ』フルーティな美味しさ

道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」は16周年!おめでとうございます。17日の昼前のテレビニュースでにぎやかなイベントの様子が映し出されていました。 道の駅つるたは五所川原方面へ出かけると、寄ります。スチューベンソフトがおいしい♪鶴田町はスチューベン…

【青森のタケノコ】おいしい料理5選・皮むきの下処理は?

写真は旬を迎えた青森のタケノコです。青森や秋田で自生するのは、ネマガリダケ。孟宗ダケとは違い、笹竹の新芽でくせのない、さわやかな食味が自慢です。歯ごたえも良く、太宰治も大好物だったとか。クマも好物ですから、山菜採りへお出かけの方は注意をし…

トゲクリガニと筋子納豆・太宰治の好物を食らう

トゲクリガニとは? トゲクリガニのおいしい季節です!青森ではお花見の時期から近海物が出回ります。トゲクリガニは陸奥湾で獲れる毛ガニの仲間で、ちょっと小ぶり。甲羅の大きさは6~8cmほどです。青森市から津軽半島への途中に蟹田町がありますが、かつ…

【道の駅ふかうら】かそせいか焼き村・旬のホッケを求めて

数日前、お天気に誘われてドライブに出かけました。道の駅ふかうら・かそせいか焼き村は深浦町風合瀬地区の道の駅。弘前から自家用車で1時間20分くらいで行くことができます。海沿いの道なので、日本海の荒々しい岩場を眺めながらの小さな旅。海鳥が空を舞い…