つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

津軽の食べ物・ソウルフード

【嶽きみレシピ】天ぷらと悪魔的に甘い嶽きみライスをおうちご飯で♪

嶽きみの天ぷら 津軽地方で採れたて新鮮なとうもろこしといえば、嶽きみがもっとも有名です! 初秋の味覚ですね。 茹でたり、おしょうゆをつけて香ばしく焼いたりして頬張ると、口いっぱいにさわやかな甘みが広がる。 嶽きみの天ぷらと悪魔の嶽きみライスを料…

嶽きみ2019年速報♪甘くて絶品とうもろこし

嶽きみは岩木山麓で採れるとうもろこし 岩木山麓で高地栽培されている嶽きみが、今年もばつぐんのおいしさです。 さわやかな甘みと、歯ざわりが人気のブランドとうもろこし。 全国へ発送してくれるので、私は遠方の親戚へ毎年、送っています。 ゆでたての嶽…

【ビーチにしめや】ソフトクリームの生はちみつ掛けが人気

西目屋村産の生はちみつをトッピングできる! 世界遺産.白神山地の入り口にある、道の駅『ビーチにしめや』。 2019年春にリニューアルオープンし、話題の「BeFavo(ビファーボ)」で生はちみつのソフトクリームを味わいました。 道の駅の屋上で養蜂し、採取…

老舗のきそば一力『冷やしたぬきそば』暑い日にうれしい極細お蕎麦

冷やしたぬきそば 盆地のせいか、弘前市は夏になると蒸し暑いですね。 うだるような暑さの日にぴったりの『冷やしたぬきそば』を、きそば一力で食べることができました。 創業80年の老舗のそば店です。 おだしがきいて、喉ごしがよい涼やかな一品。 きそば一…

道の駅つるた鶴の里あるじゃ18周年祭

道の駅つるた鶴の里あるじゃ 6月15・16日に道の駅つるた鶴の里あるじゃで、18周年祭が開催されました。 東北各県のほか、遠くは沖縄や鹿児島の物産コーナーがあり、たくさんの人でにぎわって、試食もたくさん。 そして、農産物の直売所がリニューアルされて…

タケノコご飯のレシピ♪青森はネマガリダケの季節

具だくさんのタケノコご飯 青森は山菜の季節を迎えました。 ワラビ、フキ、ウドなどなどありますが、王様はやっぱりネマガリダケ! 笹が生い茂る山中をかき分けるようにして、収穫できるネマガリダケはクセがなくて歯ごたえが格別ですね。 そのネマガリダケ…

津軽の桃ソフトクリームは桃の果汁が練り込まれて美味♪産直センターひらかアグリアス

津軽の桃ソフトクリームは250円 前から食べてみたかった『津軽の桃ソフト』 産直センターひらか(アグリアス)を探しあてて、ゲットしました。 津軽の桃は、おもに平川市で盛んに生産されている香り高く甘みも強い桃のこと。 その桃果汁をたっぷり50パーセン…

ビーチにしめやリニューアルオープン♪佐藤陽子監修こぎん作品展と水陸両用バス

道の駅ビーチにしめや 道の駅『津軽白神ビーチにしめや』がリニューアルオープンしました。 西目屋村は弘前市から車で30分の山あいの村。 世界遺産「白神山地」のふもとにあり、ブナの原生林を体感できたり、暗門の滝巡りができたりという観光の入り口。 道…

【ご当地ソフト】嶽きみソフトを直売所の野市里(のいちご)にて「め!」

嶽きみソフト 直売所の野市里は、弘前市から岩木山に向かう途中にあります。 季節の山菜やリンゴの販売コーナーとレストラン「こざくら」があり、先日、嶽きみソフトを食べることができました。 300円で味わう幸せの嶽きみソフトを紹介。 スポンサーリン…

工藤パン『人間失格』カステラサンドはイギリストースト風♪842㎉で「めっ」!

太宰治生誕110年の記念に人間失格のカステラサンドが販売中 工藤パンといえば、青森県民が愛してやまないイギリストーストを作るメーカーです。 山型の食パンにシュガーたっぷりのマーガリンがサンドしている。 甘さとしっとりとした食パンのおいしさがマッ…

青森の暮らし419号が発売中!大豆の特集と城下町通信は花炭工房の石山順子さんのお話

青森の暮らし419号が発売中です 青森県内の話題をお届けしている『青森の暮らし』が発刊され、書店にて販売中です。 グラフ青森の編集部がくまなく県内を取材し、隔月で発行しています。 今号の特集は大豆の豆腐や納豆について。 雪国の青森では昔から、大豆…

煮リンゴのおいしいレシピ♪レモンとともにリンゴの水分で煮ると甘みもさわやかに

煮リンゴをおいしく作るコツ 手軽に作れて、胃腸に優しいスイーツを紹介します。 青森特産の果物といえば、リンゴ。 そのリンゴで作る煮リンゴは、まさに津軽のソウルフード。 ちょっとしたコツで、飽きずに食べることができます。 今回は国産レモンが手に入…

【農のふれカフェ】推進フォーラム、阿部純子さんの講演とパネルディスカッション

農のふれカフェ推進フォーラム 平成31年1月18日に弘前市のホテルニューキャッスルにて、「農のふれカフェ推進フォーラム」が開催されました。 群馬県沼田市の「あっちゃんリンゴ園」阿部純子さんの講演を拝聴し、またパネルディスカッションにパネラーとして…

世界で最も美しい雪景色を堪能できる青森、イベントと絶景ビューを紹介

アオモリトドマツのスノーモンスター ここ数日は穏やかな青森です。 雪は道端にうず高く積まれていますが、雪かきに追われることがないので助かっていました。 でも、また冬将軍がやってきて、どっさりと雪を降らせることでしょうね。 さて私は、世界で最も…

平成最後の津軽弁の日、方言は永遠に

津軽富士ともよばれる霊峰・岩木山 明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 2019年の元旦は穏やかで、年末からの大雪もひと休みのようです。 さて、RAB放送『第31回津軽弁の日2018』を、ご覧になりましたか? よりすぐりの傑作選が…

人気のりんごバターを青森リンゴで手作り♪簡単で美味しい

りんごバターをご存じですか。 信州長野のメーカーが作っているバター入りのりんごジャムです。 おいしいと評判になっていますよ。 そこで青森県弘前市に住んでいる私は、県産りんごを使って手作りしました。 電子レンジでもできますが、フライパンで料理。…

田舎館村のシクラメン市♪収穫感謝祭でずき芋汁のふるまい

前々から来てみたかった「田舎館村の収穫感謝祭&シクラメン市」に出かけることができました。 // // 地元の農家さんが丹精を込めたシクラメンやポインセチアや洋ランなど5000鉢を展示即売。 芸能発表や野菜やコメの直売も開催され、にぎわっていました。 無…

農のふれカフェ『ここからファーム』清水森ナンバこんにゃくのベジキッチン

辛いものが大好きな方、集まれ♪ 清水森ナンバを使ったヘルシークッキング。畑から収穫した野菜や山のめぐみを利用して、自宅でおもてなしをする『ここからファーム』でベジ料理教室を体験しました。 // 江戸時代に京都から津軽にもたされた清水森ナンバ。唐…

【農のふれカフェ】津軽ゆめりんごファームで収穫と紅玉ジャム作りを体験

津軽ゆめりんごファームは弘前市小沢にある観光リンゴ園です。 収穫体験はもちろんのこと、旬のくだもので作ったジャムをその場で食べることができます。 生産者と参加者とのふれあいができる「農のふれカフェお披露目会」に参加して、紅玉のリンゴジャム作…

【さもだしの塩辛】きのこ料理レシピ公開!下処理から解説します

秋はきのこが旬です。 さもだしを親戚から頂いたので、青森の郷土料理「さもだしの塩辛」を作りました。 さもだしは「ならたけ」のこと。青森ではおいしい天然きのことして、ファンが多い。 「ずるめぎが、めぇんだ!」 このネイティブな津軽弁を共通語にす…

農のふれカフェお披露目会『ジンレリア農園&工房』山小舎であすなろ鶏卵を味わう

農家の家屋や農園で手作り体験をしながら、地元の食材をたっぷりと使った料理やスイーツ、郷土料理を食べることができたら、どんなに思い出に残るでしょう。 新しい気づきや、発見があるかもしれません。 農のふれカフェは、旅行者や観光に来た方が、農業者…

おいしい毛豆のレシピ♪オリーブオイルの蒸し焼きと昆布入りひたし豆

青森には味が濃くて、おいしい枝豆があります。 それは、毛豆(けまめ)。 名前通りに毛深い豆です。さやに毛がもしゃもしゃ生えている。 品種改良により8月末から出回る早稲もありますが、稲刈りの前後に収穫する晩生(おくて)が主流。 おいしい毛豆のオリ…

【弘前市りんご公園】りんご収穫祭!棟方志功のポスター展も開催中

真っ赤な「つがる」のりんごが、枝もたわわに実っています。 弘前市りんご公園では9月22日からリンゴ収穫祭が始まります。 先日、一足早く出かけてきました。 そうしたら海外からの観光客がたくさんお見えになって、りんごのもぎとり体験をしている♪ 棟方志…

弘前カルチュアロード、ワークショップや食べ歩きが楽しい歩行者天国

弘前市土手町通りが年に一度、歩行者天国になります。 その名も「カルチュアロード」 9月第3日曜日に開催され、ワークショップや地場産品、ハンドメイドのお店に、巨大アップルパイも! 小さなお子さんを連れたファミリーや、カップルが思い思いに休日を楽し…

【弘前の田沢食堂】中華そば400円!昔ながらの支那そば風でめッ

ご当地グルメです。 大衆食堂として弘前では知らない人がいないほどの人気店「田沢食堂」でやっと食べることができました。 というのは前に混雑しすぎて、あきらめたことがあるのです。 タイトルの「めッ」は津軽弁でおいしいときに発する言葉。 それでは弘…

【嶽きみを肉じゃがにトッピング】大人も子供も大好きメニュー♪

岩木山麓で栽培された嶽きみは、しゃりしゃりとした歯ざわりと、さわやかな甘みが特徴です。 2018年は春の種まきの時期に大雨に見舞われたり、天候が暑すぎたりして、収量がいつもより少なめとのこと。 そのため去年よりも少し、お値段が高めのようです。 で…

地産食彩kawabata bar1.23『ウニのクリームパスタ』が絶品!

弘前中央駅からほど近い『地産食彩kawabata bar1.23』に、友人たちと出かけました。 地元の野菜や三陸産のウニを使った料理を提供して人気のバー。 そこで食べた料理がおしゃれで、味もおいしかったので紹介します。 隠れ家風 トマトサラダ ウニのクリームパ…

やみつき【ミョウガの粕漬】お茶うけや酒の肴に美味しい

ミョウガ(茗荷)が旬となり、親戚や知人から採れたてを頂くことがありませんか。 一度に食べきれないときは、粕漬けにすると日持ちします。 私がミョウガの粕漬けを知ったのは3年ほど前で、旧岩木町の方から手作りを頂いたとき。 甘めの粕床がミョウガの風…

わ食処ふじや【嶽きみの天ぷら】絶品!送別会でしんみりしながら味わう

久しぶりに夜の街へ出かけました。 弘前市の繁華街、土手町から近いかくみ小路。 みちのく銀行の裏手にある『わ食処 ふじや』で、友人の送別会がありました。 お造りや焼き魚がおいしくて、嶽きみの天ぷらも絶品。 料理とともに、会場の様子をお伝えします。…

久慈良餅は素朴な味でクルミがアクセント、青森のおみやげ人気

ひさしぶりに浅虫名産・永井謹製『久慈良餅(くじらもち)』を食べました。 浅虫は青森市の北にある海の町。県営水族館や温泉街があります。 久慈良餅と書いて、くじらもちと読みます。もち米とうるち米を蒸かして製造し、鯨のお肉は入っていません。 もっち…