つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

第7回 楽しい雛こけし展♪ 津軽こけし館

IMG_25913月です。
黒石温泉郷にある「津軽こけし館」へ出かけました。 

第7回 楽しい雛こけし展が3月21日まで開催されています。
開館時間は9時~17:00

お雛様のこけし、初めて見ました。

とてもめんこくて、気持がうるうるとするくらい、感動します。

全国11系統総勢60名の伝統こけし工人の制作した、こけしを見ることができます。

展示即売ですのですでに売り切れたのもあるようですね。

IMG_2584

阿保六知秀さんの実演の日でした。
☆平成25年全国こけしコンクルール内閣総理大臣賞を、受賞した工人です。

冒頭の雛こけしを制作された方。
 雛こけし、福福しい面立ちと牡丹の花の胴が豪華ですね。IMG_2590

この写真は阿保さんとは別の工人の作品

段飾りもあるんです。
三人官女に五人ばや、菱餅やぼんぼりも!
IMG_2597


熱烈なファンがいるという、こけし

津軽ジェンヌさんも、こけしファンで
昨年に急逝された工人の哀悼展をレポしていました。


リンゴのぼんぼりが可愛い♪
小物も充実しているので、毎年、少しずつ買い揃えて、段飾りにすることが可能なんですね。

スポンサーリンク

 



お気に入りを買い揃えて、オリジナルのお雛様を自分で飾る。

昨今は、住まいの関係で、こけしも小ぶりのものが好まれる傾向があるそうです。

てのひらに載るくらいの小さいのも、ありました。IMG_2598

工人によって
彩色や形が違って
それぞれ楽しい

木をろくろで回しながら削って
手作りされたこけし
一点物もふくめて、全て手作り。

ひとつひとつ見てゆくと、
伝統を大切にしながらも
新しい風を意識されていることを感じますね。

IMG_2602

 今月21日まで開催の「楽しい雛こけし展」

華やかな雛こけしにすっかり、童心に帰った気分でした。

2019年2月20日更新しました。 

スポンサーリンク