つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

秋晴れの弘前城・菊と紅葉まつり☆錦秋に彩られ見頃!

IMG_7149

7日はひさしぶりに晴れ間がのぞき、錦秋の弘前城をゆっくり散策できました。弘前城菊と紅葉まつりは13日まで。夜のライトアップは日没から午後9時まで開催中。

まつりイベント会場・植物園の入園料は大人310円。本丸や藤田記念庭園との共通券は510円で、お得です。
6日は小雪が一時的にちらつきました。 札幌は季節外れの大雪で、赤く色付いた紅葉に雪がどっさり降ったので、道産子といえど、びっくりしたそうです。

弘前は今週の水曜日辺りから真冬並みに寒くなるそうなので、雪かきの道具を小屋の奥から引っ張り出さなきゃ!

でもその前に、秋を堪能しましょう。桜が燃えるように色づき、はらはらと散っていきます。


IMG_7153

菊と紅葉まつりの会場は弘前城公園・植物園です。白神山地の雰囲気が味わえる木立が続いているので、ふだんは行かないところも歩いてみました。

シラネアオイが咲く場所があるんですね!ぜひ来春には花を見たい! 

孔雀の小屋も
IMG_7156


孔雀のメスが柵の近くにいます。

白い孔雀もいて、羽を広げるとウェディングドレスみたいですが、きれいなほうがオスですよね。孔雀小屋まで来たら、園児たちの声がにぎやかに響いているのに気づいたんですよ。

IMG_7157

ミニSLに乗れるんです! 

幼稚園のお子さまたちがいっぱい。

「菊まつり駅」~どこさ行くんだべな? 

なんと、ちびっこ新幹線《はやぶさ号》運行です! 

新幹線ということは東京まで? 函館まで?


IMG_7158

行ってらっしゃい!!

昔、私も乗りましたよ、子ども達と。

城西の交通公園にあったから。懐かしい。


IMG_7162

菊は満開、モミジは赤くて青い空は晴れわたり、絶好の行楽日和でした。


IMG_7163

私もお世話になっている東奥日報さんの協賛、五重塔は花盛り。18日金曜日の朝刊に「ペンのしずく」掲載予定ですので、よろしくお願いします。

IMG_7165

城ロボの胸は真紅のバラならぬ、真紅の菊の花。気温が高くなって、ハチも飛んでいました。

IMG_7169

ちびっこたちが、ねぷた囃子の練習。どんこ、どんこ、どんこ、どん! 子どもたちの姿を見ていると、日本の未来が明るいと、信じられるからふしぎ。

スポンサーリンク

 

やっぱり、子どもがたくさんいないとね、活気が町から失せるんですよね。

みなさん、地元で結婚してください。青森県民は未婚率上昇中ですけれど、ぜひ、幸せな家庭を築いて、できれば3人以上のお子さんを作ってほしい。

はい、身勝手なお願いです。子育ては見返りを期待しない無償の愛と苦労ですから。

IMG_7180

子どもの誕生を喜ぶ豊臣秀吉

茶々殿は誇らしげな表情で、胸を張っていました。


IMG_7185

お濠に浮かぶ屋形船。ハクチョウが優雅に浮かんでいますね。

IMG_7186

飛来してきたハクチョウではなく、通年、住みついているみたい。よく見かけるんですよ、一羽だけ。
IMG_7183

菊人形を着せ替え中。市の緑地課の方だそうです。週末には体験できる時間帯があるみたい。編み込むようにして形作るのですね。

IMG_7182

紅葉はまさに見頃の弘前公園。こんどの日曜の13日まで「弘前城 菊と紅葉まつり」はやっています。
2018年8月4日更新しました。


スポンサーリンク