つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

冬に咲くさくらライトアップと弘前エレクトリカルファンタジー点灯式

f:id:kotomi3:20181130210404j:plain

平成最後の冬を彩るライトアップが始まりました。

 

 

本州最北の城下町である弘前、雪はロマンチックな空からのラブレターですから、台湾や東南アジアから冬の観光客が増えています。

11月30日午後5:30から、弘前の冬を彩る光の祭典『冬に咲くさくらライトアップ』と『弘前エレクトリカルファンタジー』の点灯式が行われ、駆け付けることができたので、そのもようをお伝えします。

スポンサーリンク

 

冬に咲くさくらライトアップ

f:id:kotomi3:20181130211012j:plain

写真は左から桜田宏市長と、冬に咲くさくらライトアップのプロジェクトオーナー・米山竜一さん、そしてサンタクロースの衣装を着てクリスマスバージョンのたか丸くんです。

弘前市のマスコットキャラクターたか丸くんは、江戸時代に弘前藩が幕府に立派な鷹を献上したことにちなみます。

そのたか丸くんが見つめているのが、点灯式の点灯ボタン。

「5、4、3、2、1」のカウントダウンで押されました。

すると、一斉に明かりが灯り、ぱあーっと華やかなに!

雪が降ると、こんな素晴らしい雪景色を見ることができます。

f:id:kotomi3:20181130211730j:plain

画像参照元弘前観光コンべンション協会https://www.hirosaki-kanko.or.jp/individual/cat02_winter_electricalfantasy/fuyu_sakura_2018.pdf

 弘前公園のお濠ばたには、桜の古木がずらりと並んでいます。その枝に積もる雪を桜の花に見立てて、ライトアップすると幻想的で、心躍る風景に♪

上の写真は昨冬の「第1回 冬に咲くさくらライトアップ」のときに、実行委員代表の米山さんが撮影しました。

寒い中、カメラの露出を調整して撮影なさったそうです。夜の撮影はけっこう難しいのですが、素晴らしいですね!

クラウドファンディングにより支援者を募り、桜色のライトアップが実施されます。

今回は弘前市の公募型補助金制度「市民参加型まつづくり1%システム」も活用でき、LED投光器82台で、雪の枝を桜色に染め上げます。

ライトアップの期間は12月1日~2019年2月28日

3カ月間、毎日16:00~22:00の時間

期間が長いので、シャッターチャンスを逃さずに撮影できそうですね。

インスタ映えしますし、冬の弘前のぜひ、来いへ♪

スポンサーリンク

 

弘前エレクトリカルファンタジー

f:id:kotomi3:20181130214947j:plain

弘前公園・追手門の向かいが弘前市役所。

斜め向かいが弘前観光館で、イルミネーションが雪国の冬を彩ります。

弘前エレクトリカルファンタジーは1991年りんご台風被害により、がっくりと肩を落とす地域を盛り上げようと始まりました。

市役所前のけやきの木に灯したのが、最初だと桜田市長がお話されました。

 クリスマスと大みそか、バレンタインはオールナイトで点灯の予定。

冬の風物詩、イルミネーション。
今年も追手門広場のイルミネーション&ライトアップが行われます。

・オールナイト点灯: 12/24(月振)、25(火)、31(月)、2/14(木)

弘前市内のイルミネーションについて

 

 参照元

弘前エレクトリカルファンタジー|公益社団法人 弘前観光コンベンション協会

交通手段と駐車場のお知らせ

f:id:kotomi3:20181130215625j:plain

12月1日現在、弘前は雪が降ってきました。

あっという間に道路や家の屋根が白くなっています。

冬に咲くさくらライトアップとエレクトリカルファンタジーを楽しみに、JRか私鉄の弘南線でお越しの方は、駅から徒歩25分。

路線バスで15分かかり、「市役所前」で降りると、すぐです。

また、車でお越しの方のために、駐車場をご案内します。

冬に咲くさくらライトアップは弘前公園追手門を中心に、青森地裁弘前支部から弘前市民会館まで500メートルにわたります。

 

まとめ

f:id:kotomi3:20181201101018j:plain

冬に咲くさくらライトアップと弘前エレクトリカルファンタジー点灯式と交通手段、駐車場についてお伝えしました。

平成最後の冬、雪の寒さに負けず、熱い情熱で盛り上げたいですね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク