つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

草木染めの着物 地元で採れた葛を織りあげて 手仕事の道

青森は津軽塗りや藍染め、リンゴの手籠など手仕事がいまも残っています。
伝統工芸品を制作しながら暮らしを立てている方は日々、切磋琢磨し、地道に仕事を続けて、その年月が技となるのでしょう。

手仕事に懸ける思い

草木染め作家の水田久美子さんと久しぶりに会ったのは、まだ雪が多かった2月でした。

『雪むこうの手仕事展』が、蔵造りの百石町展示館で開催され、水田さんは葛布を出品。

水田さんはこだわりの工芸家です。
地元で採れる植物から繊維を取り出して、糸に紡ぐ。
それはそれは、手間暇がかかって、一年に何枚も着物にすることはできません。
工房には高機があって、その機で織るまでの工程が長いのでした。
IMG_2055

右の袖のところに白く見えるのが帯です。
その帯が葛布。
着物は、水田さんの祖父や祖母が遺したものを解き、
金沢の『百徳着物』のように縫い継いだのだそうです。
『百徳着物』はこちら


スポンサーリンク

 

 

不器用だからこそ

水田さんはおっとりとした方です。
でも、内に秘めた情熱は、津軽の冬の厳しさを跳ね返すくらいに激しいのではないか。
そんな印象を受けました。
すこしも制作のご苦労はおっしゃらない方ですが。

「私は不器用でね、覚えるのに人の三倍はかかったのです。
30歳のとき、自分だけの着物を織ってみたくて始めました。
教えを頂いた先生に、『最初からずいぶんと無謀なことを言うのね』と
呆れられましたけれど、どうしてもやってみたくて」

どうしてもやってみたいと、打ち込めるものがある人は幸せ。
そう聞くけれど、それを続けるのが大変に違いありません。

スポンサーリンク

 



根気が要るのです。
なにごとも。
何十年も掛けて、ひとりの人生を懸けた仕事です。

葛は、根がくず粉として食用になります。
糸にするには、7月の土用のころ刈り取り、
4時間煮て、空気にふれないようススキでふたをするそうです。

そうして発酵させる。
それから洗い流して、
外皮をむいて糸にするのは内側だけ。
「以前は、大和沢地区の川がきれいに澄んで、葛を洗うことができました。
でも、ここしばらく前から汚れてしまって残念です。
元には戻らないでしょうから」

おっしゃる口ぶりに
地域の自然に対しての危惧が込められていました。
強い主張ではなく、しみじみと控えめに。

草木染めの原料のひとつに、茜(あかね)があります。
古くから、十二単や甲冑の緋嚇(ひおどし)に用いられた、
朝焼けの赤です。
その茜は、相馬地区の野山に自生しているので、やはり刈り取るところから作業は始まって、
これまた煮出して、色素を抽出。

工房で見せて頂いた、
世界でひとつだけのオリジナルの着物は、
織り上げた方の人柄を映すように、
繊細でやさしく、それでいながらとても印象深い色。
着物の下にある赤いのが茜、
そしてグレー地の反物もすべて水田さんの手仕事の結晶です。

草木染め


スポンサーリンク