つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

第2田んぼアート「シン・ゴジラ」と石のアート@石原裕次郎

IMG_4785
田舎館村の田んぼアート、第2会場へ来ました。
村役場の4階展望デッキから眺めることのできる第1田んぼアートでは、NHK大河ドラマの『真田丸』を。
道の駅・弥生の里で見学できる第2田んぼアートでは、『シン・ゴジラ』という取り合わせ。
チケットはそれぞれ大人ひとり300円です。
第2会場の『シン・ゴジラ』は、2016年7月29日に公開予定の日本映画です。
ゴジラシリーズとして第29作め。
「ガオ~」という雄叫びが聞えそう!
迫力ある田んぼアートです。

田んぼをキャンバスに

 IMG_4787

第2会場はワイド画像でないと、収まりません。
巨大なアート。
すべて稲で、古代米などを使っています。
シン・ゴジラ」は「ゴジラFINAL WARS」以来12年ぶりの日本制作のゴジラシリーズ。
史上最大のゴジラが現代の日本に出現!
人々を恐怖のどん底に突き落とす。
長谷川博巳、竹野内豊石原さとみなど300人も超えるキャストだそうで、大作ですね。
昨年、この会場は、「スターウォーズ・エアーフォースワン」でした。
毎年、見応えたっぷり。
冬は冬で雪のアートも。
地域の活性化として、成功しています。 IMG_4609

第2会場には、弘南鉄道の駅があります。
シャトルワゴン「たさあべ」号が、無料で第1会場と第2会場を回っています。
黄色いお米型のバス停が目印。
IMG_4610

弘前駅から黒石駅をむすぶ弘南電車は、30分間隔。
たまには、電車で津軽平野をのんびり行くのもいいでしょう。
一帯は、東北の歴史をぬりかえた「垂柳遺跡」の場所で、古くから米作りの里です。

石のアート、新作は裕次郎さん

IMG_4792

惜しまれる人シリーズ
石原裕次郎さんは、往年のビッグスターですね。
私は「太陽にほえろ」のボス役が、記憶にあります。
昭和30年代の映画スター。

 

blog.tugarujikukan.info

 
スポンサーリンク

 

石原裕次郎は、兄の慎太郎氏が芥川賞を受賞した「太陽の季節」の映画にて、端役デビュー。
狂った果実」で主演を演じて、たちまちスターに。
伝説的な俳優でした。 IMG_4789

高倉健さんもいますよ。
特徴をとらえた石のアート。
どんどん増えるのでしょうか?

来年は誰だべ。
IMG_4798
子どもの遊び場があって、ポニー牧場も。
子ども300円、大人400円で遊び放題ですね。
展望台から、八甲田の山並みと、岩木山が望める弥生の里です。


IMG_4600

刀の庵では、今年も見学会が開催されています。
田舎館村の田んぼアート天皇陛下もご覧になられました。
全国に知られるほどになるまで、スタッフのみなさんのたゆまぬ努力があったことでしょう。
あっぱれ!!
2018年8月11日、更新しました。


スポンサーリンク