つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

フラワーアート「菊人形りんご姫」と昇天竜が弘前城植物園に降臨

弘前公園・フラワーアート

りんご姫の身長は2メートル

弘前公園で開催される予定だった「弘前城菊と紅葉まつり」は中止となりましたが、フラワーアートは展示されています。

お出かけを控えている方に向けて、菊人形りんご姫と昇天竜をアップ。

コロナ感染予防のため、マスクをして弘前城植物園を鑑賞してきたので、お伝えします。

スポンサーリンク  

弘前城植物園

弘前城植物園

弘前城植物園

弘前公園内にある弘前城植物園に入園するには、大人320円の入園料が必要です。

本丸や藤田記念庭園との共通券が、大人520円なので、ゆっくり弘前観光をなさるなら、共通券がお得。

入場前に、検温とアルコールによる手指消毒、住所と名前を書くことが義務づけられています。

いま、弘前市はコロナによる厳戒態勢のため10月末まで、飲食店は休店が多い。

ですが、公園は今のところ閉鎖されていません。

2020年秋は、アートフラワー展を見学できます。

菊人形りんご姫

りんご姫・菊人形

赤いドレスのりんご姫

身長2メートルのりんご姫は、赤い花のドレスをまとった菊人形。

足元の小さなりんごは、摘果されたものを貯蔵し、この展示まで保管していたそうです。

テーマ

弘前の時の流れ

フラワーデザイナー:阿部喜恵さん

インターナショナルフラワーアートエキシビション2019日本代表。

いま、津軽地方は主力「ふじ」の収穫時期で、農家さんは大忙し。

実りの秋ですが、産業まつりは中止となりました。 

blog.tugarujikukan.info

 1年前とは、なにもかも違う弘前です(>o<)

f:id:kotomi3:20201028161040j:plain

りんご姫

華やかなりんご姫は、凜と前を見つめています。

平日のせいか人は少なく、閑散としていますが、みとれてしまう。

スポンサーリンク  

天竜

弘前公園・フラワーアート

天竜

りんご姫の視線の先には、昇天竜が展示。

全長50メートルの巨大竜

この竜は四神のひとつ、青竜をモチーフにしました。

未来に向かう時間の経過を、竹の色のグラデーションで表現。

竹に花を絡ませたアートアート

コロナを宇宙に飛ばしてくれそうなドラゴンですね。

市民がフラワーアーティストに協力して、作り上げたそうです。

胡蝶蘭やバラなどがたくさん飾られ、あでやか。

もしかしたら県知事が、外出自粛を発令するかもしれないので、急ぎ見学した次第です(@@;)

コロナ禍に

和の菊人形

陽が射すと、ミツバチが菊の花に群がっていました。

和の菊人形は、平気な顔で微笑んでいますが、ハチがブンブンしています。

ミツバチは、今年最後の収穫どきと言わんばかりの働き。

一方の人間界は冬を前に呆然のコロナ禍で、秋の紅葉シーズンなのに、ホテルはキャンセルの嵐。

早く収束してほしいですね。

ハート型の菊鉢植え

弘前城植物園は広く、写真のようなハート型に並べられた菊の鉢植えもあります。

私が見学したときは、お客さんがいない感じで、咲きそろった花もちょっと寂しげ。

諸手を挙げて「見に来いへ」と、言えない辛さを抱えつつ、2020年の菊人形を紹介。

まとめ

菊人形と五重塔

コロナ感染が日々に報告され、たいへん重苦しい日々ですが、フラワーアートを見学したので、お伝えしました。

菊人形と言えば、和風のイメージ。

でも、りんご姫は西洋のプリンセスさながら、あでやかです。

それにしても10月中旬まで平穏だった弘前ですが、このごろは夜に出歩く人影もなく、コロナ禍への警戒モード。

これから寒くなるため、心配が募ります。

まずは体力を落とさないようにしましょう。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

スポンサーリンク  

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー