つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

おいしい毛豆のレシピ♪オリーブオイルの蒸し焼きと昆布入りひたし豆

青森には味が濃くて、おいしい枝豆があります。

それは、毛豆(けまめ)。

名前通りに毛深い豆です。さやに毛がもしゃもしゃ生えている。

品種改良により8月末から出回る早稲もありますが、稲刈りの前後に収穫する晩生(おくて)が主流。

おいしい毛豆のオリーブオイルの蒸し焼きと、昆布入りひたし豆を紹介します。

 

スポンサーリンク  

毛豆とは?

青森県のブランド枝豆が「毛豆」です。

私の夫の実家でも栽培していて、分けてもらうことがあります。

茹でるとき90歳の姑直伝のコツがあって、それは毛豆の毛をこすり取ること。

そして鮮度が命だから、できるだけ早く調理すること。

この2つがポイントです。

 

毛を取る方法はボウルに毛豆を入れて塩を加えて、お米をとぐかのようにかき回す。

水でゆすいで、また米とぎのように毛豆を力強く掻き回すことを繰り返すと、毛が取れるんですね。

ただ、手が痛い。

毛豆が意外に硬くて端っこが尖っているので、手に刺さるんですよ。

「ゴムの手袋をはめれば痛くねぉん」

姑は厚いゴム手を準備して、長年にわたり毛豆をひたすら洗ってきたそうです。

また保存したいときは、生のまま冷凍庫で保存するのが栄養が損なわれません。日持ちは約1ヵ月。

料理する時は凍ったまま沸騰したお湯でゆでるか、フライパンで蒸し焼きにします。

 

蒸し焼き

枝豆の栄養を逃さず食べるには、フライパンで蒸し焼きにするのがおすすめ。

枝豆の蒸し焼きは、お昼の番組「ヒルナンデス」や「林修の今でしょ講座」で紹介されて、ポピュラーに。

枝豆の栄養素のひとつ「オルニチン」は水に溶けやすいので、それを防ぐことができます。

それを毛豆に応用しました。

  1. フライパンにコップ1杯の水を入れて、沸騰させ毛豆300グラムを入れます。
  2. ふたをして5~7分、蒸し焼きにする。
  3. 水がなくなったところに、オリーブ大さじ1を全体にからめて、塩コショウをする

毛豆をイタリアンの風味で味わうことができて、ワインに合う!

食べ始めると止まらなくなる美味しさです。

スポンサーリンク  

ひたし豆

大粒の毛豆は、蒸し焼きより茹でたほうが焼きムラが出なくてよいでしょう。

沸騰したお湯で6分ほど茹でます。

わが家のコンロはガスです。

手前にオリーブオイルの蒸し焼き、向こう側は茹でるための中華鍋。

茹でる際は、固さを調節してね。

夫はどちらかというと柔らかめが好みです。

ひたし豆は殻から取り出して、昆布とお水とお塩で味付けすればOK.

おつまみに最適な一品です。

 

まとめ

青森のブランド枝豆である毛豆は早生品種もありますが、味が濃厚な晩生は稲刈り時期に収穫を迎えます。

旬の時期におススメしたいのが、オリーブオイルの蒸し焼きと、昆布入りひたし豆。

とってもおいしくて、手がとまらなくなります。

量がたくさんあるときは生のまま冷凍庫に入れると良いでしょう。

日持ちは1ヵ月ですが、私は年末年始に食べることも。

冬に食べる毛豆は、体に力を与えてくれるようで、好きなんです。

毛豆のおいしいレシピをお伝えしました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク