つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

嶽キミの味くらべ 値段と直売所それぞれを茹でてみる

IMG_0145

岩木山麓の嶽地区に出かけました。
スイートコーンの美味しさで、全国に知られる嶽キミ!
収穫時期を迎えています。

キミは、津軽弁でとうもろこしのこと。
唐黍(とうきび)が語源とか。

甘くて、しゃきしゃきの触感がたまらないですね(*^_^*)

ゆでキミは1本230円
生はサイズでお値段が違います
170円のところを2本、買いました。

IMG_0142

 平日ですが、お客さんが多いです。
嶽キミを生産している農家さんは毎朝3時から収穫作業をしていると、伺ったことがあります。

朝早い時間にもぎ取ると糖度が高いそうですよ。

IMG_0146

嶽温泉に着きました。
みなさん、キミを目当てにお出かけのようです。

足湯もあるので、ちょっと失礼。
大根足のうえに、足の指が短い( -д-)ノ

IMG_0152

石鹸を持って来ればよかったかしら~

硫黄の香りがぷんとして、全身で浸かりたい気分♪

IMG_0156

紅葉時期の岩木山
足湯がある無料休憩所のパネルです。
5年ほど前、東京行の飛行機から見たとき、
このように眺めることができました。

IMG_0155

お山参詣はもうすぐ

津軽最大の秋祭り、2015年のお山参詣は9月11日、12日、13日です。

登山囃子の太鼓や笛のお囃子もにぎやかに五穀豊穣を願います。

津軽の各地から参拝者が夜中にお山を登り通して、ご来光を仰ぐ。
  
お天気に恵まれて、晴れますように☆

スポンサーリンク

 



道の駅四季彩館も要チェック

四季彩館にも寄りました。
野菜を買おうとしたら! IMG_0160

IMG_0161

50円ですか!
安いわ~(☆゚∀゚)
お買い得品が大好きなんです♪

(ただし、この日はたまたま良いのが50円だったみたい。
味をしめて、後日行くと、傷みがひどかったので
ご注意を( -д-)ノ)

2本買って、家で茹でて味くらべしましょう。

とうもろこしの美味しい茹で方


IMG_0170

実がそろっていますが、50円のほうは少し虫食いもありました。
それだけ農薬が少ないということなので、
傷んだところを切り取って、さっそく沸騰した鍋へ。

 

blog.tugarujikukan.info

 

blog.tugarujikukan.info

 茹でる手順
 茹でる直前に皮をむきます。
ひげもきれいに取り除いたほうがいいそうですよ。

大鍋に水を入れて沸騰させて、突入です。
そして、ふたたび沸騰してから 5分
 そうそう、茹であがる直前に塩を入れてね。

 甘さが引き立ちます。
新鮮さがいまいち のときは、最初から塩を入れるといいそうです。

熱いうちにラップすると、みずみずしさが失われません。

IMG_0172

やけどをしないようにしてください。
茹でたてを頬張るのは至福(*・ω・)ノ

味くらべはですね……

170円も50円も変わらずおいしい。
茹でたとき、私の塩加減がちょっと足りないかも。

ふだん減塩していますけれど、茹で汁には少々多くてもいいかな。

冷めてから冷蔵庫に入れて、風味の変わらない2,3日のうちに食べるのがいいそうです。

一晩経って、冷えた嶽キミも美味♪
お買い得品の50円、自家消費ならいいかも。

贈答用にはもちろんお高い方がおすすめです。

私は、実をはじいて冷凍庫に入れて、コーンスープやコロッケなどの料理に。
いつでもおいしく味わえて、重宝です。

もう一回くらい、ドライブがてら買いに行きたい。

 

blog.tugarujikukan.info

 昔ながらのおそばもあります。

津軽の秋の味覚に感謝(*^_^*)
2018年8月8日更新しました。

スポンサーリンク