つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

新緑の盛美園☆「借りぐらしのアリエッティ」のモデル

IMG_4118

新緑の盛美園、美し過ぎです♪
秋に訪れたことは何度もあるのですが、天気に誘われ、愛車の原付バイクでひとり旅。


いえね、夫が釣りに出かけてしまい、家に取り残されて、私は暴走の旅に出たのです。
とはいえ、原付バイクの制限速度30キロは守りました。
盛美館は宮崎駿さん監督の「借りぐらしのアリエッティ」のモデルと言われています。

美しい建物で、和洋折衷が特徴。

スポンサーリンク

 

文明開化の息吹を今に伝える盛美館

花咲くツツジと盛美園はロマンティックです。
明治42年に完成。
庭園を鑑賞するために建てられました。

1階は和風、2階が洋風という文明開化の建築物。
2階はルネッサンス調の尖塔と、
展望質のドーム屋根が特徴です。
建築家は西谷市助。

なかなか他では見ることのできないデザインです。
庭のどこから見ても、すてきでした。
鹿鳴館時代の文明開化を意識しての建物なのです。

武学流池泉枯山水廻遊式の庭園

IMG_4121

3600坪(1.2ヘクタール)の庭園は『武学流』

清藤家24代当主が木幡亭樹宗匠をまねき、明治35年より9年をかけて作庭

9年も!
お庭作りって、なんて時間と手間がかかるのでしょう。


IMG_4124
盛美館の中は見学できるのは一階のみ。囲炉裏には鉄瓶が掛かっていました。
カギのはなもどことなく優美。

盛美園の見どころは庭園と盛美館ともうひとつあります。

IMG_4142


それが御宝殿! 

ところが、御宝殿は撮影禁止。
なので書籍のページを借りました。とても貴重な仏像が安置されていますよ。

ご宝殿は清藤家の霊廟です。
両脇の壁には、うるし工芸と金の蒔絵とゴージャス
人間国宝の方が手がけ、正面のご本尊は、大日如来
鎌倉時代の仏像です。
10畳くらいの広さで、金箔で覆われていますので、豪華絢爛!
たいへんに古い家柄をほこる清藤家。

IMG_4140
鎌倉時代に唐糸御前に付き添ってきた北条家の家臣だったとか。

脈々と家を守り、代々の子孫が繁栄したようです。
大庄屋のかたわらで、商業を営み、財を成しました。


池には鯉が泳いでいます。
新緑が美しいこの季節は心が晴れやかになります。

IMG_4119
平川市猿賀神社のすぐ近くです。

 

blog.tugarujikukan.info

 それから、田んぼアートの田舎館村と隣接しています。

 

blog.tugarujikukan.info

 

盛美園は4月15日~11月15日まで、無休
清藤家は、ほんとうに『おおやげ』 だったのでしょう。
『おおやげ』は、津軽弁で旧家のこと。
また秋の紅葉にじっくり散策したいです。

2018年8月12日に更新しました。

 

スポンサーリンク