つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

青森の暮らし426号は古民家特集!城下町通信ではりんご工房を紹介

青森の暮らし・古民家

青森の暮らし426号が発売中です

グラフ青森発刊の隔月誌「青森の暮らし426号」が発刊され絶賛、発売中です。

特集は「古い」を生かす

青森の古民家を生かした雑貨ショップやカフェ、農家民宿を編集部が取材しています。

私の連載「城下町通信」は、りんご工房の佐藤芳子さんを紹介。

青森の話題が豊富な今号をお伝えします。

スポンサーリンク    

「古い」を生かす

古民家・黒石・松の湯交流館

松の湯交流館

青森県には古民家がたくさんあって、近年は古いものを活かす取り組みがなされています。

今号の青森の暮らしでは、特集ページに古民家を生かした店舗や農家民宿を掲載。

  • 松の湯交流館
  • 古民家の魅力と活用法
  • カフェ アプリコット
  • 古民家sudatsu
  • 農家民宿カフェ音水小屋
  • ふるさとの家

blog.tugarujikukan.info

掲載されているなかで、私が知っているのは古民家sudatsuさんと、松の湯交流館だけでした。

古民家再生は、修理に手間と費用がかかります。

でも、古い建物には新建築の物件とはまた違う味わいがあって、人気。

テレビで見ると、観光地の鎌倉にある古民家カフェはすごい行列ができていますし 、若い人も惹かれるものがあるのでしょう。

スポンサーリンク    

りんご工房

りんご染めの作品展示会にて、染色家の佐藤芳子さんと初めてお目に掛りました。

はんなりと優しい色合いに、うっとりした「佐藤芳子りんご染め展」 

blog.tugarujikukan.info

その後、弘前市折笠にある「りんご工房」を取材させて頂きました。

いま、弘前の駅ビルや、弘前公園の武徳殿 ・おみやげコーナーに佐藤芳子さんのりんご染め作品がならんでいます。

きっと皆様も、見たことがあるでしょう。

弘前の新しい工藝として、注目の逸品を作り出す佐藤さんに、りんご染めの魅力を伺いました。

誌面をお手に取ってご覧いただけると、幸いです。

青森の暮らしは県内の書店で販売しています。

グラフ青森

青森県青森市筒井八ツ橋113-50

℡017-718-0901

直接、版元に注文もできますので、よろしくお願いします!

まとめ

今号は新型コロナウィルス感染症の影響で、編集部さんも取材が思うようにできなかったそうです。

私は佐藤芳子さんの工房をお訪ねして、貴重なお話を伺え、有り難く存じます。

青森の暮らし426号についてお伝えしました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

スポンサーリンク    

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー