つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

菊地凛子主演の映画『658km、陽子の旅』は弘前出身の設定です

映画・菊地凛子

弘前図書館は明治39年の建造物

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、北条義時の3番目の妻を演じているのが、菊池凛子さんです。

夫を翻弄する「のえ」役ですね。

その菊池凛子さん主演の映画「658km、陽子の旅」が2023年に公開されます。

なんと主人公陽子は、弘前出身という設定です。

スポンサーリンク  

 

 

658km、陽子の旅

菊地凛子・658km陽子の旅

弘前ねぷた

髙森美由紀さん原作の小説が映画化され、「バカ塗りの娘」が弘前でロケをしていたことはニュースで知っていたのです。

菊池凛子さん主演の『658km、陽子の旅』については初耳。

主人公が弘前出身の設定で、在宅ワークをしながら都会に暮らす氷河期世代

全国ロードショー決定とのこと。

“陽子”は菊地がデビュー時代から過ごした時代背景そのままに就職氷河期世代。

父の訃報を受け東京から青森県弘前市の実家まで、思いがけずヒッチハイクで向かう羽目に陥っていく。

菊地は初冬の東北を舞台に過酷な状況に身を置く主人公を、全シーンノーメイクの体当たりで演じ切り、全幅の信頼を置く熊切監督に文字通り全てをゆだね、こん身の演技を披露。ロスジェネとも呼ばれるこの世代が背負うリアルを体現する。

www.nishinippon.co.jp

ストーリーは、青森県出身の陽子は、在宅ワーカー。

父に反対されながら上京したものの夢破れて、挫折。

父親の訃報を受けて、帰郷しようとして、ひとりヒッチハイクの羽目に。

ロードムービーです。

県内の映画館は数を減らしていますが、上映してくれるといいですね。

映画『658㎞、陽子の旅』公式サイト 2023年全国ロードショー

久しぶりに映画館で観たい。

それにしても、地方から上京して孤独に暮らす単身者とは、リアリティある役どころ。

実際の菊池凛子さんは二児の母だそうですが。

スポンサーリンク  

 

鎌倉殿の13人「のえ」役

鎌倉殿の13人・菊地凛子

弘前城天守

三谷幸喜が脚本を担当している『鎌倉殿の13人』で、私は菊地凛子さんを知りました。

小栗旬演じる北条義時の3人目の妻「のえ」役です。

自分が生んだ男児を、北条家の跡取りにしたいと野望に燃える後妻。

迫力あります。

www.nhk.or.jp

夫である義時を毒殺?

不穏な裏表のある後妻を好演していますね。

ところで鎌倉時代津軽地方は、安東氏の十三湊が栄えていました。

鎌倉時代は平家が滅んだのが1185年、「いい国つくろう鎌倉幕府」の1192年から150年続いたのです。

blog.tugarujikukan.info

良質なしじみが特産の十三湖は、中世に栄えた湊町。

18日に放送される「鎌倉殿の13人」も楽しみですね。

つがる時空間 - にほんブログ村

まとめ

全国の100館以上の映画館で公開される映画が全国ロードショーです。

菊地凛子さんが弘前生まれの女性を、ノーメークで演じているそうで、弘前で公開されたら、足を運びたいと思います。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

スポンサーリンク  

 

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー