つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

弘前の武家屋敷 仲町の伝統的建造物群 保存地区をあるく

IMG_0019

弘前藩武家屋敷は、石場酒店から通りをひとつ入ったところにあります。
サワラの生垣がつづくなかに、黒い板塀があって、格式や風格の感じられる通りです。

仲町は地名ではなく、「若党町」「小人町」「馬喰(ばくろう)町」の3つが入っています。

江戸時代は、身分によって、住む地域が厳密に決まって、若党は身分の高い武士の付き人。
小人町は、藩の雑用をする人たちが住む地域。
馬喰(ばくろう)は馬の鑑定や治療をする人です。

当時は、馬に乗るのが武士のたしなみ。
馬の調整をする人が、馬喰(ばくろう)ですが、馬を喰うと書くのですね(。・ω・)ノ゙
『伯楽』の音変化で、博労とも書き、牛馬の売り買いに関わる人のことも指しました。

弘前にはほかに、鷹匠町や鍛治町、紙漉町など古い町の名を残しています。
鍛治町は、スナック等のビルが立ち並ぶ歓楽街ですが、もともとは鍛冶職人 の町。
たくさんの鍛冶屋さんが暮らしていました。

スポンサーリンク  

 

      質実なたたずまい

無料見学できます。曜日によって公開している屋敷が異なります。
IMG_0028

 門から玄関まで飛び石がつづいている旧笹森家。
宝暦6年(1756)当時の武家住宅地図 に、平面図が記載されている、由緒ある家。
IMG_0021
畳が真新しく、すがすがしい気分になる座敷です。
床の間に日本刀がオオーw(*゚o゚*)w
本物ではないと思いますが>
日本刀はたたら製鉄の鉄を職人が精錬し、仕上げます。
錆びやすいので、手入れが欠かせません。
それも武士のたしなみだったでしょう。

この地区ではありませんが、市内に住む友だちが、嫁ぎ先の蔵のなかに甲冑(かっちゅう)や鎧(よろい)がたくさんあるの~♪と、前に話していました。
お宝がいっぱいで、羨ましい。

弘前藩士が多くいましたから、ひっそりと仕舞われた武具がまだまだあるかもしれませんね。 

  武家もつつましやかな津軽

<IMG_0025

囲炉裏を囲んでの食事風景が再現されていました。
お膳 におひつ。
津軽塗の赤い『膳こ』には、どんなお料理が並んだのでしょうか。

今と最も違うのは、江戸時代は、牛や馬、豚(イノシシ)の肉は食べなかったこと。
 日本人の肉食は明治期からで、それ以前は四足を食べることを忌みました。

ヤマドリやキジを猟師から買い取り、食べたかもしれませんけれど、
下級武士や庶民には、豆腐や油揚げもごちそうでした。
スポンサーリンク

 


飢饉や凶作にたびたび見舞われる土地でしたから、武家でも自家菜園で採れた大根や菜っ葉を
米に混ぜる「かで飯」が多かったとか。

米が貨幣の代わりになるので、藩は凶作でも上方へ米を送り、財政にあてたので、庶民が餓死という事態は少なくなかった。
江戸屋敷も維持しなければなりませんし、参勤交代の経費もあって外様大名は台所事情が苦しいかったことでしょう。

正直に申せば、例えば秋田の人気スポット、角館に比べると、じみ~な武家屋敷なんです。

でも、無料で、旧笹森家のほかに、三棟が見学可能。

(曜日によって開館の棟が異なります)
時間は、10:00~16:00ですが、ねぷた祭り期間は、9:30~16:30まで。

地域の人たちが暮らしながら、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、景観を守ってきた弘前武家屋敷。質実な暮らしぶりが、浮かび上がります。

弘前公園からゆっくり散策できるエリア。
公園内には前川國男モダニズム建築の市民会館や市立博物館がありますから、ぐるりと歩いて亀甲門を出て、武家屋敷も見て回ることができます 2018年12月6日更新しました

スポンサーリンク