つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

エアツェーレ創刊号!弘前の書き手が小説を発表しています

エアツェーレ

エアツェーレはドイツ語で物語るという意味

文芸同人誌の紹介です。

エアツェーレ創刊号が発刊されました。

ドイツ語でエアツェーレは、「話す」「物語る」という意味。

4名の書き手が、書下ろし小説を発表しております。

佐々木宏一、世良啓、フナキトキコ、そして田邊奈津子が寄稿。

エアツェーレ創刊号についてお伝えします。

スポンサーリンク    

小説世界

小説

美しいバラには棘がある

エアツェーレは弘前市在住の佐々木宏一さんを代表に、フナキトキコさんが編集作業をして下さり、創刊することができました。

有難うございます!

文学はいま、かつてほど注目されなくなりましたが、文学愛好者は少なくありません。

小説や詩、俳句・短歌・ノンフィクションなどなど、結社やサークルはあまたございます。

生きがいは文学という方も、たくさんいらっしゃることでしょう。

 弘前太宰治が学生時代を過ごした町。

blog.tugarujikukan.info

昔から文学活動の盛んな土地柄です。

小説は虚実を織り交ぜて 、真実や真理を表現できることが面白みであり、むずかしいところ。

美しいバラに棘があるように、小説はある種の毒が読者をしびれさせる……。

エアツェーレ目次

津軽の書き手が寄稿しています

タイトルと著者は以下のようの。

キャラメル  世良啓

花筏に乗って 田邊奈津子

サトとニッコ フナキトキコ

風やとくらむ 佐々木宏一

世良さんの「キャメル」は、病床にある父との心のふれあいを描いた秀作。

詩情豊かな文体が魅力です。

 

blog.tugarujikukan.info

フナキさんの「サトとニッコ」は、養子として旧家に引き取られた少年の物語。しみじみと読ませます。

昨年、『ALLO:ALOO』を上梓されたフナキさんです。

また、佐々木さんの「風やとくらむ」は、男女のせつない愛を描いて、胸にせまる名短編。

巻頭の「創刊の辞」では、佐々木宏一さんが文藝同人誌エアツェーレへの思いを捧げてくださいました。

佐々木さんは長編小説「花の季節」を出版されています。 

blog.tugarujikukan.info

 エアツェーレの4名は『瑠璃の会』メンバーでした。

山川学而代表のご体調により、廃刊となった瑠璃ですが、こうして新たな同人誌を発刊できるのは、瑠璃からのご縁のおかげ。

拙作「花筏に乗って」は、初孫の誕生にあたふたする新米おばあちゃんの話。

体験を元に、小説にしました。

blog.tugarujikukan.info

 

世良啓さんは第一回東奥文学賞・大賞を「ロングドライブ」で受賞され、東奥日報社から佳作2作 と合わせて作品集が出版されています。

田邊奈津子は第二回東奥文学賞・大賞を「早春の翼」でいただくことができ、高森美由紀さんの作品ともに、東奥日報社が本にして下さいました。

各同人の著作物は県内の図書館に蔵書としてありますので、お手に取って下さると、うれしいかぎりです。 

blog.tugarujikukan.info

6月19日は桜桃忌ですね。

弘前市御幸町の『太宰治まなびの家」では、前日祭としてイベントが予定されています。

 

blog.tugarujikukan.info

 青森県日本海ぞいの町は、太宰治が旅した経験から執筆した「小説・津軽」の舞台。風光明媚なので、夏にはぜひ出かけたい。

本屋さんで購入できます

エアツェーレ

文芸同人誌「エアツェーレ」は1冊500円+税

弘前市青森市の書店で購入可能。

また図書館で読むことができますので、よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク