つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

歴史秘話ヒストリア『弘前城400年」石垣の大修理や桜を植えた菊池楯衛を紹介

歴史ヒストリア・弘前公園

弘前城天守・歴史ヒストリア

2020年4月22日、夜10時30分に放送されたNHK総合歴史秘話ヒストリア 』で、弘前城のことが詳しく紹介されました。

コロナウィルスの影響で弘前さくらまつりは中止となり、現在、弘前公園は封鎖され、園内に入ることはできません。

私が昨年までに撮影した弘前公園の写真とともに、歴史秘話ヒストリア「青森・弘前城の400年 最強防御の要はイカ!?」感想をお伝えします

スポンサーリンク  

弘前城のすごさ 

弘前公園

弘前城天守と桜と岩木山

番組「歴史秘話ヒストリ」で、弘前城ほど江戸時代の城郭が良く保存されている所はないと、紹介されました。

二重に巡らせた濠と城門の警護は堅牢で、本丸を頂点に二の丸、三の丸と続き、崖地を利用した立地のため、敵が突破しにくい。

また、城の南側に禅林街を配して、いざという時の守りにしたことも解説。

blog.tugarujikukan.info

 弘前城は、敵と戦うための城であったと番組内で説明されたのです。

ところで、敵とはだれを指すのでしょう?

弘前大学の長谷川成一教授が登場し、「本州アイヌの蜂起に備えただろう」と話します。

また、津軽為信公と信牧公に国作りを指南した天海和尚(てんかいおしょう) は、西の有力大名を抑えるためには、北の安定を図るのが肝要と、幕府に注進しました。

blog.tugarujikukan.info

 徳川家康の養女、満天姫(まてひめ)は天海和尚が取り持って、二代藩主の信牧公へお輿入れしました。

天守再建

弘前城

9代寧親公の時代に天守が再建

もともとは五層の天守でしたが、落雷により焼失。

現存の天守は、9代藩主の寧親公のとき幕府から許されて、再建されました。

この当時、弘前藩は幕府から命じられ、日本周辺の海に出没するロシア軍艦を見張るため、蝦夷地である北海道へたくさんの藩士を送り込んでいます。

ロシアはラッコの毛皮を求めて、カムチャッカ沖を南下。

津軽沿岸の詳細な地形を調査していたとか。

blog.tugarujikukan.info

蝦夷地の警備には10年間で、4千人以上が派遣されました。

なかでも知床半島の陣屋で越冬した弘前藩士は 、100名以上の犠牲者を出す惨事に。

その労苦を幕府も認めて、1808年文化5年に、弘前城天守の再建がやっと認められたのです。

石垣大修理

弘前城石垣大修理

曳屋にて天守が移動

弘前城天守はただ今、石垣の大修理中です。

築城について、知坂元先生の『歴史マンガ 卍の城物語』はとても興味深い。

マンガなので、臨場感たっぷり。

2016年に石垣大修理のため、天守を曳屋で移動させました。

番組では、この石垣大修理で驚くべく発見があったと放送されたのです。

それがイカ型角石。

イカの形に、巨大な石を削ったのです。 

blog.tugarujikukan.info

 地盤が弱い場所に天守を建設したため、イカ型角石でがっちり土台を築いているんですね。

当時の技術革新だそうです。

石と石をつなぐために鉛製の金具も使用。

blog.tugarujikukan.info

 石垣を解体したことで、イカ型角石が発掘され、それは非常に珍しい建築法とのことです。

スポンサーリンク  

桜は明治に植えたよ

弘前城・歴史秘話ヒストリア

弘前公園の桜

弘前城には元々、桜の木はそんなにありませんでした。

松の木が多かったのです。

江戸時代が終わり、明治になると弘前城は軍の駐屯地になり、荒れていきます。

ヘビのすみかになっていました。

菊池楯衛

弘前城追手門の花筏

弘前公園にはおよそ2600本の桜の木があります。

明治になって、弘前城の荒廃に胸を痛めた旧藩士の菊池楯衛(きくちたてえい)は、桜の苗木を自費で買い、植えました。

しかし、その当時は「桜なんて軟弱なものを植えるな」と、反対の輩もいて、切られたり抜かれたり。

その後の日清・日露戦争により戦死した兵士達の慰霊のために植樹がなされ、桜の木々は育っていきます。

東内門のそばの「日本一古い桜の木」は、菊池楯衛が植えたとされ、樹齢136年。

ひ孫の菊池さんがその桜を眺めるシーンで、番組は終了。

しみじみと弘前の歴史の深さを思いました。

再放送は火曜・午後3時08分の予定です。

blog.tugarujikukan.info

弘前公園は満開の桜ですが、2020年は野鳥の楽園となっていることでしょう。

5月6日まで封鎖されています。

コロナが早く終息することを願うばかり。

まとめ

歴史秘話ヒストリア弘前城 北のお城の400年」を視聴して、弘前の美しさにため息。

本丸から望む岩木山の風格ある姿は、まさに殿様気分が味わえ、格別ですね。

弘前城は市民の誇りに、ほかなりません。

お花見を今年は我慢なので、過去の画像とともに感想をお伝えしました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

スポンサーリンク  

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー