つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

猿賀神社の蓮の花が満開!北限のハスと「津軽のイタコ」

猿賀神社・ハスの花

猿賀神社・鏡ヶ池のハスの花

2021年も猿賀神社の蓮の花が、咲き誇っています。

鏡ヶ池いっぱいに、美しいピンクの花が咲きそろいました。

泥の中に根を張り、泥の中からあでやかに咲く、猿賀公園の北限の蓮をお伝えします。

スポンサーリンク  

猿賀公園のハス

北限のハス

北限のハス

コロナ禍の前は、蓮の花まつりが開催された猿賀公園です。

クラフト展や食べ物屋さんが出店し、にぎやかで楽しかったのに、昨年に引き続き、令和3年の今年もとりやめ。

 なお、蓮の花の期間は、限定御朱印がいただけました。

blog.tugarujikukan.info

 御朱印の蓮が、優雅♫

猿賀公園は平安時代坂上田村麻呂の部下が制覇しようとして、討ち死にし、龍神となった伝説があります。

古代石の猿賀石が境内にあり、縄文時代からの聖地だったのでしょうか。

なんと、温泉もあります。 

blog.tugarujikukan.info

 さるか荘の泉質は柔らかで、私はファンですが、ここ2年ほど入っていません。

猿賀神社の大祭

 

胸肩神社

胸肩神社

朱塗りのお堂のまわりが、鏡ヶ池。

鏡ヶ池の中之島に、胸肩神社が建っています。

数年前の宵宮のとき、こちらの拝殿にて雅楽が奏でられ、厳かでした。

 旧歴8月15日が猿賀神社の大祭。

10年ほど前は、イタコの口寄せも見かけたものです。

blog.tugarujikukan.info

いまはイタコでなくて、占い師を見かけます。

 宵宮の出店も昔に比べて少なくなったと、平川市生まれの家人が申していました。

家人のふるさとなので、年に10回くらいお参りする猿賀神社。

初詣も、猿賀さまです。

猿賀公園・猿賀神社・蓮の花

咲き誇る蓮

ほんとうに満開です!

お盆過ぎまで身頃が続くでしょう。

スポンサーリンク  

ハスの実

ハスの実

ハスの実

平川市の菓子処 西谷菓子では、レンコン羊羹が人気。

津軽の桃を使用したスイーツもあるそうです。

hirakawa-gurume.com

うっとりといつまでも、眺めていたい。

早朝6時半の撮影です。

たまには日の出とともに起きて散策すると、早起きは三文の徳ですね。

津軽のイタコ

蓮の花

 笹森建英(ささもりたけふさ)さんがお書きになった『津軽のイタコ』は、令和3年4月の発刊。

弘前大学の教授だった笹森さんの研究書は、文字が大きくて読みやすい。

津軽のイタコ

盲目のイタコは、津軽でも見かけることがなくなりました。

blog.tugarujikukan.info

 私は森山海岸で、平田アサ女が口寄せするところを見たことがあります。

小柄な高齢女性でした。

そのときは若くて、仏おろしをしてもらわなかったことが悔やまれます。

blog.tugarujikukan.info

 猿賀神社で、青山せつ女の口寄せに聞き入ったのは、平成18年(2006)頃。

笹森建英さんの「津軽のイタコ」を拝読し、そのときのことを懐かしく思い出しました。

いまの若者は、イタコを知らないかもしれません。

津軽はかつて、故人を手厚く供養して、偲んだのですね。

つがる時空間 - にほんブログ村

まとめ

猿賀神社の蓮の花が、みごとに咲きそろいました。

次々と咲くので、お盆過ぎまで見頃が続くでしょう。

あっというまに7月が終わりそうですが、引き続き暑さに気をつけてお過ごし下さい。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

スポンサーリンク  

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー