つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

青森の暮らし432号は食堂がテーマ♪城下町通信「津軽のイタコ」

青森の暮らし・グラフ青森

青森の暮らし432号

おいしそうな中華そばに、えび天が載っている♫

表紙が「めったら」な青森の暮らし432号です。

県内の町のおそば屋さんや大衆食堂の特集。

私が連載している「城下町通信」は笹森建英さんの新刊『津軽のイタコ」を紹介しています。

スポンサーリンク  

 

青森の暮らし

食堂の特集

しじみラーメン

今号の青森の暮らしには15軒の食堂が取り上げられ、地域に根ざした食文化を伝えています。

安くて美味しくて、お腹いっぱいになる町の食堂。

県南の「からから亭」「キクヤ食堂」、青森市の「市場食堂」「原食堂」などなど、本誌を片手に食べに行きたくなりますね。

blog.tugarujikukan.info

「やっぱり揚げ物」コーナーも掲載され、腹の虫がグーっと鳴りっぱなし。

拙ブログで紹介したお店もありました。

大衆中華モアイ食堂♫

blog.tugarujikukan.info

弘前市境関にあります。

「青森の暮らし」に載っている肉とピーマンの炒め物・青椒肉絲がおいしそう。

また、食べに行かなきゃ。

あおもりうまいもの通信は、シャインマスカット。

津軽地方では、シャインマスカットの栽培が広がりつつあり、私もこの秋、食べることができました。

本当に甘くて、デリシャス。

スポンサーリンク  

 

城下町通信

青森の暮らし

私が連載している「城下町通信」は64回め。

元・弘前大学の教授で、現在は弘前学院大学で教鞭を執られている笹森建英(ささもりたけふさ)先生の著作「津軽のイタコ」を紹介しております。

 

津軽のイタコ

青森の民俗を語る上でイタコの口寄せは、外せませんね。

学術書ですが、とっても読みやすい一冊です。

津軽のイタコは高齢のため引退された方がほとんどで、ホトケ降ろしをもう耳にすることはないでしょう。

戦後は太平洋戦争で息子や夫を亡くした女性たちの、死者を想う気持ちを慰めたイタコです。

blog.tugarujikukan.info

青森の暮らしは、季刊誌。

バックナンバーのご注文は下記サイトにて、承り中です。

『青森の暮らし』 - グラフ青森

食堂特集が好評で売り切れ続出の今号なので、定期購読がおすすめ。

グラフ青森のHPのほか、電話でお取り寄せ可能です。

有限会社 グラフ青森

℡017-718-0901

ぜひお手に取ってご覧下さい。

つがる時空間 - にほんブログ村

まとめ

グラフ青森432号が発刊されました。

おいしそうな表紙が特に好評の今号をお伝えしました。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

 

スポンサーリンク  

 

 

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー