つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

スタッドレスタイヤの準備はOK?今年も冬がやってきました

IMG_3949
    

本格的な冬が近づいている津軽地方です。ここ数日、穏やかな天気が続いていますが、天気予報では23日から寒波がやってきて、ぐっと冷え込むようです。雪模様になるかもしれません。

上の写真は、12月末に撮影した雪の岩木山神社新雪に覆われて、荘厳な風景でした。

ところで、ノーマルタイヤからスタッドレスへの交換、皆さまはお済みですか?  青森の冬は、車で出かけようと思ったら、スタッドレスタイヤが必需品です。どのくらいの価格から買えるかをちょっと調べました。

アマゾンで見つけた激安タイヤ





えっ、ブリジストンスタッドレスが3,674円?!送料無料で? ただし、2015年製造のようです。タイヤは幅により価格が異なり、こちらは155タイプで、ホイールは付きません。そしてタイヤ1本の値段です。

品物を目で確かめられないのが通販の心配なところです。この商品を買った方の感想は、「安く買えて良かった」「配送のラッピングがまずくて、タイヤに傷があった」など。でも、おおむね良いみたい。

タイヤの購入費を惜しんで、スリップ事故が起きたという目には遭いたくないですから、準備は万全にしたいところです。 


地元の販売店などで、国産製品を新品で買うと、普通車・ホイール付きでざっと計算して4本で8万~10万円くらいでしょうか。けっこう痛い出費です。タイヤ


タイヤは消耗品です。スタッドレスタイヤはゴムの力で雪道でブレーキを踏むと止まる。ゴムが古くなって固くなると効き目が少なくなる。

上のポスターに「がつんと止まる」とありますが、冬道は急ブレーキをかけると、車がスピンする恐れがあるので、ポンピングブレーキが基本となります。

雪がないブラックバーンにも注意


路面に雪がないからといって、安心はできません。朝方の最低気温が氷点下5℃くらいだと、濡れたアスファルトが凍って、滑りやすいのです。ブラックバーンと言いますね。

それと、昼に雪がとけてそのまま凍り、路面がスケートリンクみたいにつるつるのときも、けっこうあります。

こういう状態は、車だけでなく歩くのも大変です。犬の散歩で冬の朝に転んで、頭を打ったという話は珍しくありません。雪国に長く暮らしても、凍りついた路面は慣れることができません。

私も一冬に、たいてい2度は転びます。


スポンサーリンク

 


高速道路のチェーン規制

関東や関西から東北道を走って青森までお出かけの方は、スタッドレスタイヤのほかに、チェーンが必要となるかもしれません。東北道岩手山のふもとを回り込むように北に伸びているので、ときどき地吹雪になります。

もう10年以上前、私は夫の運転する自家用車で1月半ばに、弘前から宮城県塩釜まで、夜間に走ったことがあります。雪が激しく降る日でした。大雪警報がでるくらいで。

スポンサーリンク
 

そんななか、追い越しをかけてくる大型トラックがいて、巻き上がる雪煙がとても怖かったです。ホワイトアウト状態でした。その夜は、事故車を何台も見かけたのです。ぞっとしながら車に乗ったことを忘れられません。

冬の田んぼアート


雪道の運転はやっかいですが、雪はきれいです。冬の青森観光は近年、台湾など雪が降らない国からのお客さんにも、人気があります。

田舎館村の冬の田んぼアートは2017年も予定されていますから、楽しみです!


IMG_4265
 2016年2月8日撮影

弘前城・雪灯籠まつり

2017年の弘前城雪灯籠まつりは2月9日(木曜日)~12日(日曜日)が予定されて、幻想的な津軽の冬景色が堪能できますよ。


IMG_2351

br />みちのく5大雪まつりのひとつに数えられています。市民手作りのかまくらと雪灯籠に火が入り、弘前公園をやさしく照らします。

まとめ


雪は幻想的で、イベントもあります。

冬道は早朝と昼間では路面の状態がかなり違いますし、大量の降雪のときは、道路の幅が狭くなって、すり鉢状のことも。

スピードを落として下さい☆

それにしても、交通障害が起きないように、ほどほどに降ってほしいですね。今年も強い寒波が予想されますので、運転とともにお体もご自愛のほどを。

2018年8月4日更新しました。

スポンサーリンク