つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

【工房Junko】花炭とピザ作りで自然を満喫!農のふれカフェお披露目会

f:id:kotomi3:20181007124501j:plain

農のふれカフェお披露目会が開催されて、平川市尾埼の工房Junkoにて花炭とピザ作りを体験しました。

中南地域県民局の事業『農のふれカフェ』は、農園で地元の野菜や果物をたっぷり使った料理やスイーツを提供する体験型カフェの取り組みです。

工房Junkoを運営する石山順子さんは旧家の奥様。

花炭作りと季節の食材を使った手作りピザの体験ができ、身近な植物を薪の炎により炭化させる作業は驚きの連続!

それでは農のふれカフェお披露目会の様子をお伝えします。

 

スポンサーリンク  

花炭とは?

f:id:kotomi3:20181007124528j:plain

平川市尾崎(おさき)の石山順子さんのお宅は、江戸時代から続く旧家です。

自宅に隣接する尾崎八幡宮(おさきはちまんぐう)は尾崎城の跡地に藩政時代に創建され、石山家が神事を代々に渡り執り行ってきたそうです。

大きなお宅で、さすが旧家とおじゃました瞬間に、私は感じました。

石山さんはご自宅で民泊も開業され、台湾やタイからのお客様をもてなすことがあるそうです。

f:id:kotomi3:20181007140751j:plain

陽射しの暖かな部屋に石山順子さんの作品が展示され、花炭を間近で見学。

さて、花炭とは何でしょうか?

元々は茶道で用いられる観賞用の炭で、14世紀ころから茶室の飾り物として茶人の目を楽しませてきました。

石山順子さんは若い頃から茶道に親しみ、あるとき茶会で80歳を過ぎた大先生が丹精を込めて作られた花炭に、ハッと魅せられたのだとか。

「お点前の席で花炭のそばに白い小菊が飾られ、そのコントラストが何とも美しかったのです。どうやって焼くのだろうと次第にのめりこみ、黒の魅力にはまりましたね」と、順子さん。

ところで、この炭には様々な効能があることをご存じですか。

f:id:kotomi3:20181007143610j:plain

炭は昔から燃料として使われ、住環境を整える作用があります。

部屋を浄化させてくれるのですね!

それではいよいよ石山さんの裏手にある農園にて、実際に焼く体験へ。

 

耐火レンガのかまど

f:id:kotomi3:20181007124645j:plain

画像は「農のふれカフェお披露目会」の参加者やスタッフと、一番手前に立っているのが石山順子さんです。

奥に見える木立の向こうが尾崎八幡宮

のどかで静かな風景が広がっていました。

花炭を作るためのかまどには、薪がくべられ赤々とした炎。

f:id:kotomi3:20181007124731j:plain

剪定されたリンゴの枝や伐採の木を使用しているそうです。

炎はいまキャンパーの間で、静かなブーム。

いくら眺めても飽きない面白さがあります。

このカマドは耐火レンガを用いて設置しました。

f:id:kotomi3:20181007124803j:plain

こちらが花炭にする材料です。

蓮の実、松ぼっくり、イガがついた栗の実、竹、コーヒー豆……。

植物なら花炭にすることが可能です 。

手順は以下の通り。

f:id:kotomi3:20181007125047j:plain

  1. 缶に入れて薪の上に置く。
  2. 30~40分くらいで炭化する。
  3. 火からおろして炭化の状態を確認
  4. ふたを閉めて冷めるまで待つ

ふたを開けたままにしておくと、酸素の作用で燃えてしまうため、必ず冷めるまではふたをして待つことが花炭作りのポイントです。

 

f:id:kotomi3:20181007125705j:plain

煙がもくもく出ますが、農園が広いので近隣の迷惑になりません。

コスモスなど秋の 花が咲くお庭で、竹林もあるという贅沢な空間。

「こういう静かなところでのんびりと時間を過ごせたら」

誰もがそんなふうに思うに違いないでしょう。

 

手作りピザ

f:id:kotomi3:20181007125205j:plain

花炭が焼きあがるまでの間に、ピザを準備。

この日はイチジクのピザ&サラミやミニトマト・バジルのピザ、コーヒーがメニューとなります。

季節によって、食材は変更となります。

f:id:kotomi3:20181007125508j:plain

イチジクのピザにぬるソースは石山さん特製。

「甘みのあるイチジクなので、辛味のあるピザソースよりも玉ねぎとのケチャップソースのほうが合います。イチジクの上にたっぷりチーズをかけましょう」

 

f:id:kotomi3:20181007125339j:plain

花炭を火からおろしたら、順次ピザを焼きます。

 

 

ピザオーブンの中にピザを入れて、薪の火で焼きます。

私はピザオーブンを初めて知りました。

屋外で本格的なオーブン料理ができます。

スポンサーリンク  

生まれた場所で生きる

f:id:kotomi3:20181007125420j:plain

石山順子さんは昭和28年に、旧平賀町尾崎のこちらの家でお生まれになりました。

「3人姉妹の真ん中です。姉と妹が長男に嫁いで、私も主人の仕事の関係で千葉県にずっと暮らしていました。でも母が亡くなると、父をひとりにしておくことが気がかりに。

そんなとき主人が、石山の家は旧家で神社を祭る立場にあるから、帰ってもいいと言ってくれたんです」

尾崎地区から旧南部領の七戸に通じる古道があり、山の上には寺屋敷の跡がいまも残る。

尾崎城主が無念の思いを抱いて世を去ったせいか、火の玉の伝説もあるそうな。

「自然豊かなこの場所を楽しんで暮らしたいですね。田舎だからこその楽しみを発信できたら」と、石山順子さんは語ります。

f:id:kotomi3:20181007125815j:plain

お話を伺っているうちに、ピザが焼き上がりました。

さわやかな風が吹き渡り、屋外で焼き立てピザを食べるのは至福です。

「夏は涼しくて天国、冬は厳しいけれど、その冬があればこその津軽でしょう」

そう話しながら、石山順子さんが微笑みました。

f:id:kotomi3:20181007125837j:plain

イチジクのピザは、スイーツ感覚。

イチジクがとろとろで甘い!

コーヒーも美味しくて、最高の気分です。

f:id:kotomi3:20181007125856j:plain

花炭の作品も缶から、ぶじに取り出すことができました。

草の上に置くと、黒の陰影が微妙に変わる。

焼きあがった花炭は持ち帰ることができて、うれしいお土産に。

 

体験メニュー

f:id:kotomi3:20181007130013j:plain

コーヒー豆の花炭は、脱臭効果がバツグン。

こちらも参加者に分けて頂けました。

体験メニュー

花炭とピザ作り体験

料金:2000円

所要時間:2~3時間

*花炭作りのみの体験は1500円

住所

平川市尾埼麻井118-1

℡&FAX

0172-44-6241

期間は4月~11月

駐車スペース有り

人数:3~20名

予約が必要です。 

blog.tugarujikukan.info

この日の午前中はジンレリア農園&工房で体験させて頂きました。

イワヒバミニ盆栽、ただ今わが家で大切に育成中です。 

まとめ

f:id:kotomi3:20181007130042j:plain

ご主人とツーショットの石山順子さん。

息子さんがあの有名なラーメン研究家の石山勇人氏だったとは!

blog.tugarujikukan.info

農のふれカフェお披露目 で『工房Junko』を運営する石山順子さんの体験会に参加することができました。

順子さんの花炭は道の駅「四季の蔵もてなしロマン館」で拝見したことがありますが、体験したことで炭の奥深さに私も気づかされました。

あなたも津軽の旧家の農園で、花炭作りの体験をしてみませんか。

自然のなかでくつろぎながら薪の炎を眺め、でき上がった花炭を持ち帰ることができます。

楽しい経験を有難うございました!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク