つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

福は内、鬼は内のなぞ!津軽の鬼伝説とエミシ

今週のお題「鬼」

巖鬼山神社

巖鬼山神社の社殿

2月3日は豆まきの日、節分です。

弘前の周辺には、鬼を祀る神社があります。

弘前市十腰内の巖鬼山(がんきさん)神社や、鬼沢地区の鬼神社

そのほか鳥居に鬼コがいる神社も。

津軽の鬼伝説を紹介します。

スポンサーリンク  

 

 

鬼神社

鬼神社

鬼神社の裸参り

岩木山の麓・鬼沢集落にある鬼神社

コロナ禍のため取りやめになりましたが、旧の正月に裸参りが行われていました。

撮影は2016年2月。

氷点下の中、水垢離で身を清めて、大しめ縄をかついで集落を練り歩く伝統行事です。

おおひと伝説

鬼神社

水垢離

鬼沢に伝わる「おおひと伝説」

  農民が開墾に困っていたとき 「おおひと」が、鉄の農具を授けてくれたという話。

岩木山には平安時代の製鉄遺跡が残り、鬼神社には伝説にちなんで大きな鍬(くわ)や鋤(すき)が奉納されています。 

blog.tugarujikukan.info

鬼神社ののぼりや、社殿にはツノがない鬼の文字を使用。

理由は、おおひとは村人のために力を貸してくれる頼れる存在だから。

鬼神社

鬼神社の大きな農具

鋤や鍬など、大きな農具が拝殿の壁に飾られています。
鬼沢集落は、義民・民次郎伝説も知られています。

弘前藩の年貢の取り立てが厳しかった江戸時代、村名主の長男だった民次郎が直訴。

打ち首となって21歳で若い命を終えました。

blog.tugarujikukan.info

弘前藩はその頃、北方警備を徳川幕府から命じられて、莫大な費用が必要だったのでしょう。

鬼神社(おにがみさま)

旧郷社 ・弘前市鬼沢字菖蒲沢 

奥羽本線弘前駅より車で35分ほど。

スポンサーリンク  

 

巖鬼山神社

巖鬼山神社

巖鬼山神社の鳥居

岩木山のふもとに位置して、日本海に面した鰺ヶ沢町に近い巖鬼山神社。

津軽エミシの本拠地で、縄文時代の大森勝山遺跡にほど近い。

森を背負うように鳥居があります。

blog.tugarujikukan.info

この森の向こう山には、古い製鉄所の遺跡があり、ヤマト王権と戦うために刀を精錬したとのこと。

鬼神太夫

巖鬼山神社

鬼神太夫の伝説

鰺ヶ沢町鳴沢に鬼神太夫の伝説が言い伝えられています。

腕の良い刀鍛冶がいたが、娘ばかりで跡取りがなかった。

「七日の間に十振りの刀を仕上げられる刀鍛冶に、娘の婿になって、後を継いで欲しい」

すると、体格の立派な若者が訪れて、「仕事中は鍛冶場をのぞかないでほしい」と引き受けたそうな。

夜通し、食事も摂らずに刀を作り続けるので、気になった刀鍛冶がこっそり戸をあけて、のぞくと!

鬼が口から火を噴いて、玉鋼を精錬。

「こったら鬼と、めんこい娘を夫婦にさせるわけにはいかねえ」

刀鍛冶は、隙をみて刀の一振りを鳴沢川に投げ捨てた。

約束の日、鬼太夫が仕上がった刀を差し出すが、一振り足りない。

「一腰、二腰……十腰ない……」

太夫はがっかりして、山へ戻ったど。とっつぱれ。

blog.tugarujikukan.info

巖鬼山神社

弘前市十腰内猿沢

JR弘前駅から車で50分ほどの雪深い里です。

そして津軽は鬼伝説に彩られ、鳥居の鬼コも人気。

津軽富士・岩木山の裾野の一部の鳥居には、小さな可愛らしい鬼コが座っていて、地域を守り続けています。

グリーンや水色の鬼コ、オムツ(のような)パンツをはいている鬼コ、ふんどしの鬼コなど、それぞれ個性派ぞろい。

写真映えばっちりです。 弘前市鬼沢地区には鬼を神様として祀る「鬼神社」、鬼が相撲をとったと言われる「鬼の土俵」があり、節分には豆まきをしません。

ぜひ、鳥居の鬼コと一緒に訪れてみてください。「鬼に金棒」ストラップも販売しています。 

www.tohokukanko.jp

鳥居の鬼コ、春から探訪します。

つがる時空間 - にほんブログ村

まとめ

はてなのお題 #鬼

津軽地方は古代にエミシが暮らして、大和朝廷では成敗して服従させ、たくさん税を取り立てたかったのでしょうね。

エミシ=鬼

なので、津軽では鬼を悪者にしません。

遠いご先祖ですから。

「福は内、鬼も内」で豆まきをしない地域もあります。

津軽の鬼伝説をお伝えしました。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


青森県ランキング

 

関連記事はいかがですか。

 

 

スポンサーリンク  

 

コンタクトとプライバシーポリシーはこちらからどうぞ。 コンタクトとプライバシーポリシー