つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

【年の瀬の買い物】タラの白子や酢だこは平年並み・イクラとツブ貝は倍

IMG_7745

東京で働く子どもが帰省しました。元気に帰ってきて、ほっと胸を撫で下ろしています。

子どもの勤務先はイベントの多い12月が特に激務だったそうで、食事をきちんと摂れない日もあったとか。都会で働くのはたいへんですね。

大手広告代理店・電通の残業のことがあったので、私は内心とても気に掛けていました。うちの子は広告会社に勤務ではありません。けれど、残業は当たり前みたい。

それでも、うちの子が仕事をしている部署は人間関係が円滑とのこと。それを聞いて安心したのです。

顔を見てから、好物を食べさせたいと買い出しに。

青森県人が好きな『タツ』。タラの白子は平年並み。鍋物もおいしいのですが、私は大根と煮て、ネギを散らしたお味噌汁がすき。さっそく食卓にならべました。

IMG_7734


「東京だと少ししかパックに入っていなくても、けっこう高いから、買ったことがない」という子ども。青森は新鮮な魚介な手に入りやすい土地柄ですが、今年はホタテやツブ貝、イクラ、鮭は高いようです。

ツブ貝は山菜たっぷりの煮しめに入れるご家庭が多いと思います。先日、スーパーで5個で1,280円(税抜)でした。数年前は700円くらいだったのに、倍ですね。

イクラや鮭は不漁のため、やはり倍。お正月でもなかなか口に入りません(-_-;)


IMG_7739

下北沖で獲れたタコを加工した酢だこ。

青森のお正月に欠かせません。タコは多幸の語呂合わせで縁起が良いとされています。赤い色味があざやか。広告の品で622円。

スポンサーリンク

 

でも、ここで勘違い。私は帰省した下の子の好物と思ったのですが、「酢だこは嫌いよ。好きなのは姉ちゃんじゃない」と。

上の子は海外にいるため、帰省しません。ライン通話で話をすると、元気そう♪

「酢だこ! うん、私は大好き! ねえ聞いてよ。こっちのクリスマスは花火をあちこちで打ち上げていたから、うるさくて眠れなかった。大みそかもまた花火かもしれないな~」

東南アジアも、にぎやかに新年を迎えるのでしょうね。離れて暮らしていますが、家族みんながぶじに新年をむかえられそうで、そのことが有難い。


IMG_7743
かくみつ食品「玉子とうふ」
手抜き母さんの私は、いつも常備していたので、子どもは大好き。

しいたけや糸コンの具が入ったやさしい味。地元スーパーで大体100円で売っていますが、東京では手に入りません。


IMG_7741

いしたの梅干し。あんずのしそ巻を買いました。こちらも津軽の味です。本店は旧岩木町。
津軽ソウルフードと言えるでしょう。

怒涛のように今年も暮れていきますね。年末年始の天気予報によると、寒波が強くないようですから、雪かきはそんなに心配しなくても良さそうです。

今年もたいへんにお世話になり、有難うございました。皆さま、佳いお年をお迎えください。

2018年8月4日、更新しました。

スポンサーリンク