つがる時空間

青森県弘前市を中心に弘前公園やねぷた、こぎん刺しを紹介

人気のりんごバターを青森リンゴで手作り♪簡単で美味しい

f:id:kotomi3:20181209143922j:plain

りんごバターをご存じですか。

信州長野のメーカーが作っているバター入りのりんごジャムです。

おいしいと評判になっていますよ。

そこで青森県弘前市に住んでいる私は、県産りんごを使って手作りしました。

電子レンジでもできますが、フライパンで料理。リンゴ2個でたっぷりできて、おいしい。

しかも簡単です。

青森県産りんごを使用した、りんごバターレシピをお伝えします。

スポンサーリンク    

 

青森りんご

f:id:kotomi3:20181209143950j:plain

カゴに盛ったのは青森産のサンふじと王林です。

真っ赤で艶やかな『サンふじ』はまさに、リンゴの代表格。

甘みとさわやかな酸味のバランスがとれて、果汁たっぷり。しゃりしゃりとした歯ざわりが特徴です。

一方の王林は、甘みが強くて芳醇な香り。

2018年産の青森リンゴは質がよく、価格も上々に取引されています。海外への輸出も順調と聞いていました。

さて、りんご娘の王林ちゃんが「さんま御殿」に出演して人気ですから、今回は王林2個でりんごバターを作りましょう。

 

りんごバターレシピ

f:id:kotomi3:20181209144022j:plain

材料

リンゴ2個

砂糖 リンゴの重さに対して30パーセント

レモン果汁少し

バター リンゴの重さに対して30パーセント

リンゴ1個は画像のような、いちょう切り。もう1個は皮ごと、すりおろします。なので、リンゴはよく洗ってくださいね。

レモン果汁は切ったりんごにふりかけて、色が赤茶にならないように。

*耐熱容器に入れてレンジで加熱してもできます。

 

フライパンで加熱

f:id:kotomi3:20181209144035j:plain

りんごジャム作りは農のふれカフェお披露目会で体験しました。

津軽ゆめりんごファームさんです。 

blog.tugarujikukan.info

このときは、紅玉を使って、皮を煮出して赤いリンゴジャムを作りました。

コツはリンゴを煮るとき、焦がさないこと! 

そのことを踏まえて、弱火でコトコト煮ます。

20分くらいして、いちょう切りがくずれて、くたっとしてきたら、バターを投入。

f:id:kotomi3:20181209144100j:plain

さらに、コトコト煮て下さいね。

バターが溶けて、キッチンに良い香りが充満。

f:id:kotomi3:20181209144115j:plain

バターを入れて7分くらいで完成しました。

わが家にあったバターは無塩でなく、ごくふつうのバター。なので塩は入れません。

無塩バターを使うときは、お塩を少し加えると、甘みが引き立つでしょう。

さっそくパンに塗ってみました。

フランスパン(バゲット)を使用。

スポンサーリンク  

まるでアップルパイ

f:id:kotomi3:20181209144125j:plain

ひとつはりんごバターにシナモン。

もうひとつはりんごバターにピザ用チーズをのっけて、こんがりとオーブントースターで焼いてみたんです。

f:id:kotomi3:20181209144144j:plain

チーズがとろけて、バターの風味が生きたリンゴジャム。

アップルパイみたい。

f:id:kotomi3:20181209143922j:plain

シナモンをかけたほうも、お口が喜ぶ♪

リンゴは食物繊維が豊富でペクチンを含み、大腸がん予防にも効果があるといわれています。

リンゴを食べて短命県返上。

長野では、リンゴを春巻きやおこわ、天ぷらなどの料理にも利用しているんですって。

 

blog.tugarujikukan.info

 

blog.tugarujikukan.info

 

 

まとめ

大人気のりんごバターを手作りしました。

バターの風味がきいて、リンゴとマッチ。

簡単においしくつくることができます。

ぜひ青森リンゴでお試しください♪

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク